薬剤師が漢方薬をわかりやすく解説します。漢方薬を使ってみたいと思っているかた、これから漢方薬を勉強しようとお考えのかた、みなさんが薬局やドラッグストアで漢方薬を選ぶときなどに(薬剤師さんや登録販売者さんも、)参考にしてください。

三黄瀉心湯


三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)

別称を瀉心湯。3味で構成される瀉心湯類の中で最も実証向きの方剤。

黄連解毒湯の、黄柏・山梔子を大黄に代えたもの。

出典

金匱要略

組成

黄連(オウレン)
黄芩(オウゴン)
大黄(ダイオウ)

適応症状

高血圧に伴う症状(頭痛・のぼせ・肩こり・頭重感・不眠・不安・耳鳴り)

各種の出血(吐血・鼻血・痔出血・眼出血)で鮮血の出る場合

自律神経失調症、更年期障害、血の道症

口内炎

便秘(イライラなどの精神症状を伴う)

  • 保険適応外の症状を含みます。
  • 上記の症状に応用が可能という意味であり、すべての症状が三黄瀉心湯で治せる、ということではありません。

ポイント

3つの生薬はすべて熱を冷ます性質を持ちます。

のぼせ気味で、顔面紅潮し、精神不安があるときに適します。

黄連解毒湯と適応症はほぼ同じで、便秘傾向のある場合に用いることができます。

注意

基本は、頓服で用います。

出血に使う場合、出血を悪化させないように冷たい水で服用した方が良いでしょう。

胃腸の弱い人では腹痛、下痢を起こすことがあります。

  • 用法用量や使用上の注意は、医師・薬剤師の指示、または添付文書の説明を守ってください。

関連ブログ記事

 

漢方薬一覧ページに戻る

PAGETOP
Copyright © 漢方薬を始めよう All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.