薬剤師が漢方薬をわかりやすく解説します。漢方薬を使ってみたいと思っているかた、これから漢方薬を勉強しようとお考えのかた、みなさんが薬局やドラッグストアで漢方薬を選ぶときなどに(薬剤師さんや登録販売者さんも、)参考にしてください。

五積散(ごしゃくさん)





五積散(ごしゃくさん)

「五積」(=気・血・痰・食・寒の積滞)に対する方剤です。

平胃散、当帰芍薬散、二陳湯、桂枝湯苓桂朮甘湯、苓姜朮甘湯、半夏厚朴湯など、様々な薬物が組み合わされた構成になっています。

水太り体型の高齢婦人の腰痛にはファーストチョイスとされています。

その他、冷えると悪化する症状に対して幅広く用いられます。

麻黄が含まれますが、一般的には麻黄剤の範疇には含まないかもしれません。

五積散の出典

和剤局方(12世紀)

五積散を構成する生薬

蒼朮(ソウジュツ)または白朮(ビャクジュツ)
当帰(トウキ)
茯苓(ブクリョウ)
陳皮(チンピ)
半夏(ハンゲ)
甘草(カンゾウ)
白芷(ビャクシ)
川芎(センキュウ)
枳殻(キコク)または枳実(キジツ)
厚朴(コウボク)
桔梗(キキョウ)
桂皮(ケイヒ)または肉桂(ニッケイ)
芍薬(シャクヤク)
大棗(タイソウ)
麻黄(マオウ)
乾姜(カンキョウ)
生姜(ショウキョウ)

※メーカーによって構成が異なることがあります。

五積散の適応症状

腰痛、関節痛、神経痛、筋肉痛、手足のしびれ、坐骨神経痛、脚気、リウマチ

冷え症、冷えのぼせ、下肢(下半身)のむくみ

胃炎、胃腸炎、下腹部痛、下痢、便秘、腹部膨満感、胃下垂、食欲不振

月経痛、月経困難症、月経不順、更年期障害、婦人科系機能障害、不定愁訴

頭痛、嘔吐、悪心、悪寒

感冒、冷房病やクーラーによるカゼ

  • 保険適応外の症状を含みます。
  • 上記の症状に応用が可能という意味であり、すべての症状が五積散で治せる、ということではありません。

五積散の使用のポイント

ほとんどが温性の生薬と、気血水のうっ滞を改善する生薬で構成されています。

冷え症、冷たいものの摂取、寒冷の環境など、体が冷えていることが影響している症状に用いられます。

効き目はマイルドに表れるので、慢性化した、症状のそれほど激しくない場合に使われることが多い方剤です。

五積散をベースにして、他の漢方薬や生薬と併用して使われることがあります。

蒼朮と白朮は厳密には異なる生薬ですが、五積散の場合はどちらが正解ということはありません。

冷え症で大黄が使えない場合の便秘症に用いられることがあります。

麻黄湯葛根湯では副作用が心配で使いづらいような高齢者のカゼに用いられることがあります。

五積散の注意点

体を冷やさないようにすることも大事です。

胃腸虚弱の方は、胃腸障害を起こす場合があります。

配合量は少ないですが、念のため麻黄による副作用(悪心、食欲低下、不眠、動悸、血圧上昇、排尿障害など)の発現に気を付けてください。

甘草が含まれますので、長期使用時や他の漢方薬と併用するときは、偽アルドステロン症に注意が必要です。

  • 用法用量や使用上の注意は、医師・薬剤師の指示、または添付文書の説明を守ってください。

五積散の関連ブログ記事

 

漢方薬一覧ページに戻る

スポンサーリンク


おすすめの本

広告

PAGETOP
Copyright © 漢方薬を始めよう All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.