薬剤師が漢方薬をわかりやすく解説します。漢方薬を使ってみたいと思っているかた、これから漢方薬を勉強しようとお考えのかた、みなさんが薬局やドラッグストアで漢方薬を選ぶときなどに(薬剤師さんや登録販売者さんも、)参考にしてください。

五苓散


五苓散(ごれいさん)

水湿・水毒による尿量減少と口渇に対する代表処方。

出典

傷寒論・金匱要略

組成

茯苓(ブクリョウ)
白朮(ビャクジュツ)
沢瀉(タクシャ)
猪苓(チョレイ)
桂枝(ケイシ)

適応症状

下痢、急性胃腸炎、嘔吐、胃内停水

(下半身の)浮腫、むくみ、口渇

膀胱炎、腎炎、ネフローゼ症候群、尿毒症

悪心、二日酔い、車酔い、めまい、メニエール、頭痛、頭重、神経痛

胃腸炎型のカゼ、小児の周期性嘔吐

暑気あたり、つわり(悪阻)

  • 保険適応外の症状を含みます。
  • 上記の症状に応用が可能という意味であり、すべての症状が五苓散で治せる、ということではありません。

ポイント

「水」の滞りを治す効果があり、水分代謝異常に関する様々な症状に対応します。

長期間服用するというよりも、頓服で用いられることの多い処方です。

他の方剤と併用しても用いられます。

注意

嘔吐下痢や暑気あたりに用いる場合でも、脱水症状が著しい場合は、経口または点滴による補水(補液)が必要です。

熱証を呈するもの(高熱による口渇)、しぶり腹には使いません。

  • 用法用量や使用上の注意は、医師・薬剤師の指示、または添付文書の説明を守ってください。

関連ブログ記事

 

漢方薬一覧ページに戻る

おすすめの本

PAGETOP
Copyright © 漢方薬を始めよう All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.