薬剤師が漢方薬をわかりやすく解説します。漢方薬を使ってみたいと思っているかた、これから漢方薬を勉強しようとお考えのかた、みなさんが薬局やドラッグストアで漢方薬を選ぶときなどに(薬剤師さんや登録販売者さんも、)参考にしてください。

五虎湯


五虎湯(ごことう)

「麻杏甘石湯」に桑白皮を加えたもの

出典

万病回春

組成

麻黄(マオウ)
杏仁(キョウニン)
甘草(カンゾウ) ※生甘草
石膏(セッコウ)
桑白皮(ソウハクヒ)

適応症状

咳、気管支喘息、喘息発作

睾丸炎、痔

  • 保険適応外の症状を含みます。
  • 上記の症状に応用が可能という意味であり、すべての症状が五虎湯で治せる、ということではありません。

ポイント

桑白皮が加わったことで、「麻杏甘石湯」よりも消炎作用、鎮咳効果が強化されます。

咽痛、咳嗽がつよく、顔を真っ赤にして咳き込むような息苦しい咳のとき、膿性~黄色痰をともなうとき、「麻杏甘石湯」で効果が十分でないとき、に使われます。

喘息発作に頓服で使う場合、「麻杏甘石湯」の方が効き目はシャープかもしれません。

痰が多いときには「二陳湯」などが併用されることがあります。

高齢者にはあまり用いられませんが、小児には使われています。

注意

基本的には「麻杏甘石湯」と同様で、寒性が強いので冷えのある人や、著しく虚証の方は使えません。

麻黄による不眠、動悸、胃部不快感に注意して下さい。

高齢者など乾燥体質の人の場合は、滋陰剤の併用が必要なことがあります。

  • 用法用量や使用上の注意は、医師・薬剤師の指示、または添付文書の説明を守ってください。

関連ブログ記事

 

漢方薬一覧ページに戻る

おすすめの本

PAGETOP
Copyright © 漢方薬を始めよう All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.