薬剤師が漢方薬をわかりやすく解説します。漢方薬を使ってみたいと思っているかた、これから漢方薬を勉強しようとお考えのかた、みなさんが薬局やドラッグストアで漢方薬を選ぶときなどに(薬剤師さんや登録販売者さんも、)参考にしてください。

人参湯



人参湯(にんじんとう) 別名:理中湯(りちゅうとう)・理中丸(りちゅうがん)

脾胃虚寒に対する代表的な処方

出典

傷寒論、(金匱要略)

組成

人参(ニンジン)
乾姜(カンキョウ)
白朮(ビャクジュツ)
甘草(カンゾウ)

適応症状

体質虚弱者、あるいは体力が低下した人で、手足が冷えやすいものの次の諸症

急性・慢性胃腸カタル(胃炎)、胃十二指腸潰瘍、胃アトニー(胃下垂)、胃拡張、

胃腸虚弱、食欲不振、下痢、消化不良、

胃痛、嘔吐、つわり、

萎縮腎

冷え症、貧血症など

  • 保険適応外の症状を含みます。
  • 上記の症状に応用が可能という意味であり、すべての症状が人参湯で治せる、ということではありません。

ポイント

胃腸機能が低下したことでエネルギーを生み出せず冷えが生じたときの処方です。

消化管が冷えることで起こる諸症状が対象となります。

胃腸が弱く、みぞおちにつかえや、もたれを感じやすく、冷えると腹痛が起きる人に使えます。

慢性の水様性の下痢、ベトベト状の軟便にも適応します。

いつも温かい飲み物を好む傾向にある人向きです。

注意

冷え症状が主体のときに用います。

つまり、口渇感はなく、生つば・唾液量が多い状態で、

尿量はどちらかというと薄くて多くなり、尿が出にくいなどの異常はみられない状態で使います。

  • 用法用量や使用上の注意は、医師・薬剤師の指示、または添付文書の説明を守ってください。

関連ブログ記事

 

漢方薬一覧ページに戻る

PAGETOP
Copyright © 漢方薬を始めよう All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.