薬剤師が漢方薬をわかりやすく解説します。漢方薬を使ってみたいと思っているかた、これから漢方薬を勉強しようとお考えのかた、みなさんが薬局やドラッグストアで漢方薬を選ぶときなどに(薬剤師さんや登録販売者さんも、)参考にしてください。

六君子湯


六君子湯(りっくんしとう)

補気健脾・化痰の代表的処方。

「四君子湯」(しくんしとう)に、半夏・陳皮を加えたもの。

または、「二陳湯」(にちんとう)に、人参・白朮・大棗を加えたもの。

出典

万病回春・和剤局方

組成

人参(ニンジン) または党参
白朮(ビャクジュツ)
茯苓(ブクリョウ)
甘草(カンゾウ) ※炙甘草
半夏(ハンゲ)
陳皮(チンピ)
生姜(ショウキョウ)
大棗(タイソウ)

適応症状

食欲不振、胃もたれ、腹部膨満感、消化不良、腹痛、胃痛、胃炎

悪心、嘔吐

胃下垂、胃アトニー

下痢、または軟便をともなう便秘

鬱状態

  • 保険適応外の症状を含みます。
  • 上記の症状に応用が可能という意味であり、すべての症状が六君子湯で治せる、ということではありません。

ポイント

「四君子湯」よりも胃腸機能の改善効果を高めた方剤です。

脾胃気虚の状態で、胃内停水、悪心、嘔吐、呑酸、水様便をともなう胃腸症状に用いられます。

食欲不振、慢性胃炎ではファーストチョイスです。

疲れやすい、朝起きるのがつらい、食後の眠気や倦怠感、などに対しても使われます。

注意

効能に「貧血性で手足が冷えるものの・・・」と書かれているものがありますが、直接「血」を補う生薬は配合されていません。気虚が原因による血の不足に応用できるというくらいの意味です。

長期間服用するときは、甘草による副作用に注意して下さい。

  • 用法用量や使用上の注意は、医師・薬剤師の指示、または添付文書の説明を守ってください。

関連ブログ記事

 

漢方薬一覧ページに戻る

おすすめの本

PAGETOP
Copyright © 漢方薬を始めよう All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.