薬剤師が漢方薬をわかりやすく解説します。漢方薬を使ってみたいと思っているかた、これから漢方薬を勉強しようとお考えのかた、みなさんが薬局やドラッグストアで漢方薬を選ぶときなどに(薬剤師さんや登録販売者さんも、)参考にしてください。

半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)





半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう):HKT

気うつを治す理気剤です。

「小半夏加茯苓湯」に、さらに理気薬の厚朴と紫蘇葉を加えた構成。

のどが詰まったような感じ、いわゆる「梅核気」(ヒステリー球)に使うことで知られます。

半夏厚朴湯の出典

金匱要略(3世紀)

半夏厚朴湯を構成している生薬

半夏(ハンゲ)
厚朴(コウボク)
茯苓(ブクリョウ)
紫蘇葉(シソヨウ) (=蘇葉(ソヨウ))
生姜(ショウキョウ)

※医療用では、ツムラ・クラシエ・コタロー・三和・オースギ・本草・太虎堂・JPS・東洋など

半夏厚朴湯の適応症状

不安神経症、ヒステリー、胸が苦しい、過呼吸症候群

神経性胃炎、つわり(妊娠嘔吐)、神経性嘔吐、食欲不振

咽頭部の異物感(神経性食道狭窄症、咽喉頭異常感、梅核気、ヒステリー球、咽中炙臠など)

咳、咳払い、しわがれ声(嗄声)、声が出にくい、気管支喘息、気管支炎、百日咳

不眠、恐怖症、神経衰弱、神経性頭痛

誤嚥性肺炎の予防

  • 保険適応外の症状を含みます。
  • 上記の症状に応用が可能という意味であり、すべての症状が半夏厚朴湯で治せる、ということではありません。

半夏厚朴湯の使用のポイント

不安、イライラ、ヒステリーなど、ストレスや精神的な問題が原因の症状に使われることが多い方剤です。

神経質な人、几帳面な性格の人に多い症状です。

梅核気(ばいかくき)・咽中炙臠(いんちゅうしゃれん)・ヒステリー球・神経性食道狭窄症、咽喉頭異常感など呼び方は様々ありますが、いずれにしてものどに何かが詰まったような感じがあるときにはファーストチョイスです。

痰がからむ慢性の咳にも効果があります。

「小半夏加茯苓湯」と同様に、痰飲による胃気上逆(悪心・嘔吐)にも適します。

嚥下反射を改善させる効果がり、誤嚥性肺炎の予防や治療にも使われています。

半夏厚朴湯の注意点

「柴朴湯」(さいぼくとう)というのは、「半夏厚朴湯」に「小柴胡湯」を合方したもので、喘息には長期に使用することがあります。

著しく体力の低下している人には使えません。

「小半夏加茯苓湯」は、痰飲による病態(胃気上逆)に用いる方剤で、

「半夏厚朴湯」もやはり燥性が強いので、痰湿・痰飲の症候がない場合や、特に陰虚の人には避けるべき方剤です。

  • 用法用量や使用上の注意は、医師・薬剤師の指示、または添付文書の説明を守ってください。

一般用医薬品の半夏厚朴湯の例

半夏厚朴湯の関連ブログ記事

 

漢方薬一覧ページに戻る

スポンサーリンク


PAGETOP
Copyright © 漢方薬を始めよう All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.