薬剤師が漢方薬をわかりやすく解説します。漢方薬を使ってみたいと思っているかた、これから漢方薬を勉強しようとお考えのかた、みなさんが薬局やドラッグストアで漢方薬を選ぶときなどに(薬剤師さんや登録販売者さんも、)参考にしてください。

参蘇飲


参蘇飲(じんそいん)

気虚の湿痰に対する処方。

胃薬になりうる風邪薬です。

参蘇飲の出典

和剤局方

参蘇飲を構成する生薬

蘇葉(ソヨウ)
葛根(カッコン)
半夏(ハンゲ)
茯苓(ブクリョウ)
人参(ニンジン) または党参(トウジン)
前胡(ゼンコ)
木香(モッコウ)
陳皮(チンピ)
桔梗(キキョウ)
枳実(キジツ)  または枳穀(キコク)
生姜(ショウキョウ)
大棗(タイソウ)
甘草(カンゾウ)  ※炙甘草

(木香が入らないメーカーのものがあります。)

参蘇飲の適応症状

胃腸が弱い・元気がない・疲れやすい・食欲がない、などの人の感冒、カゼ症状(咳嗽、痰、鼻水、鼻閉)

上気道炎、気管支炎、気管支喘息

不安感・うつ傾向などを伴うカゼ

長引いているカゼ

夏バテなどで体力が低下したときのカゼ

小児や高齢者のカゼ

  • 保険適応外の症状を含みます。
  • 上記の症状に応用が可能という意味であり、すべての症状が参蘇飲で治せる、ということではありません。

参蘇飲の使用のポイント

蘇葉・枳実・陳皮(・木香)などの理気薬により、気の流れを改善します。

主にカゼ症状に使われますが、「六君子湯」(りっくんしとう)から白朮(ビャクジュツ)を除いたものが含まれていることから、胃腸虚弱な人向きの方剤となっています。

悪心、嘔吐、腹部膨満感、腹痛、下痢、食欲不振、胃腸炎など、慢性的な胃腸の不調に対して(胃薬として)も使われることがあります。

参蘇飲の注意点

比較的、長期間の服用も大丈夫ですが、効き目が穏やかなので、

高熱や悪寒、身体痛の症状が強いなどの場合には、ダラダラと服用していてはいけません。

  • 用法用量や使用上の注意は、医師・薬剤師の指示、または添付文書の説明を守ってください。

参蘇飲の関連ブログ記事

 

漢方薬一覧ページに戻る

 

PAGETOP
Copyright © 漢方薬を始めよう All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.