薬剤師が漢方薬をわかりやすく解説します。漢方薬を使ってみたいと思っているかた、これから漢方薬を勉強しようとお考えのかた、みなさんが薬局やドラッグストアで漢方薬を選ぶときなどに(薬剤師さんや登録販売者さんも、)参考にしてください。

呉茱萸湯



呉茱萸湯(ごしゅゆとう)

胃の虚寒証にともなう、嘔吐・吃逆(しゃっくり)に対する処方

出典

傷寒論、金匱要略

組成

呉茱萸(ゴシュユ)
人参(ニンジン)
生姜(ショウキョウ)
大棗(タイソウ)

適応症状

吐き気をともなう片頭痛、習慣性頭痛、習慣性片頭痛

吐き気をともなう月経痛

しゃっくり(吃逆)、呑酸

  • 保険適応外の症状を含みます。
  • 上記の症状に応用が可能という意味であり、すべての症状が呉茱萸湯で治せる、ということではありません。

ポイント

すべて体を温める生薬で構成されていて、冷え症の人向きの方剤です。

冷えによって起こる嘔吐、頭痛に用いられます。

制吐作用もあるので、胃液が上がって胸やけしたり、よだれやつばが多くて吐きたくなるときにも適します。

注意

吐き気があるときは冷服で構いませんが、お腹は冷やさないように少量ずつ。

味とにおいは、飲みにくいかもしれません。

  • 用法用量や使用上の注意は、医師・薬剤師の指示、または添付文書の説明を守ってください。

関連ブログ記事

 

漢方薬一覧ページに戻る

おすすめの本

PAGETOP
Copyright © 漢方薬を始めよう All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.