薬剤師が漢方薬をわかりやすく解説します。漢方薬を使ってみたいと思っているかた、これから漢方薬を勉強しようとお考えのかた、みなさんが薬局やドラッグストアで漢方薬を選ぶときなどに(薬剤師さんや登録販売者さんも、)参考にしてください。

四君子湯


四君子湯(しくんしとう)

補気の基本処方。(別称:四味湯・益気湯)

補気剤のほとんどは「四君子湯」をベースに構成されている。

神農本草経で上品にランクされる四つの生薬(君子)からなる処方。

出典

和剤局方

組成

人参(ニンジン) または党参
白朮(ビャクジュツ)
茯苓(ブクリョウ)
甘草(カンゾウ) ※炙甘草

生姜(ショウキョウ)
大棗(タイソウ)

※原典では上の4種のみです。

適応症状

胃腸虚弱、食欲不振、少食、胃もたれ、消化不良、胃の不快感

慢性胃炎

慢性の下痢(軟便~水様便)、または便秘、嘔吐

疲れやすい、声に力がない、顔色が白い、四肢の無力感

  • 保険適応外の症状を含みます。
  • 上記の症状に応用が可能という意味であり、すべての症状が四君子湯で治せる、ということではありません。

ポイント

胃腸の機能(消化吸収)を高めることで気を補う、という方剤です。

六君子湯、十全大補湯、加味帰脾湯などのベースになる処方で、単独で使われることは少ないかもしれません。

吸収障害による下痢と、蠕動不足による便秘の両方に適応します。
(便秘はあっても排便時のはじめは硬くあとは水様のことが多い)

注意

悪心、嘔吐、呑酸がつよい場合は、六君子湯の方が適します。

長期間服用するときは、甘草による副作用に念のため注意して下さい。

  • 用法用量や使用上の注意は、医師・薬剤師の指示、または添付文書の説明を守ってください。

関連ブログ記事

 

漢方薬一覧ページに戻る

PAGETOP
Copyright © 漢方薬を始めよう All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.