薬剤師が漢方薬をわかりやすく解説します。漢方薬を使ってみたいと思っているかた、これから漢方薬を勉強しようとお考えのかた、みなさんが薬局やドラッグストアで漢方薬を選ぶときなどに(薬剤師さんや登録販売者さんも、)参考にしてください。

大建中湯


大建中湯(だいけんちゅうとう)

「中」を建て直す(建中)、消化器機能を改善する処方。

イレウス(腸閉塞)の予防や治療に使う漢方薬として有名。

出典

金匱要略

組成

山椒(サンショウ)または蜀椒(ショクショウ)
乾姜(カンキョウ)
人参(ニンジン)
膠飴(コウイ)

適応症状

お腹が冷えて痛み、腹部膨満感のあるもの

腹痛、嘔吐、下痢や便秘

過敏性腸症候群、鼓腸、胃けいれん

慢性胃炎、慢性腸炎

腸管癒着による腸管通過障害、術後のイレウス

尿管結石

  • 保険適応外の症状を含みます。
  • 上記の症状に応用が可能という意味であり、すべての症状が大建中湯で治せる、ということではありません。

ポイント

すべて温める生薬からなります。

蠕動運動の調整に働きます。

手足やお腹の冷えがあり、冷えると症状が悪化する(嘔吐をともなう)腹痛に適します。

冷えが原因であれば、便秘にも下痢にも用いられます。

注意

小建中湯とは、膠飴以外に組成上の共通点はありません。

  • 用法用量や使用上の注意は、医師・薬剤師の指示、または添付文書の説明を守ってください。

関連ブログ記事

 

⇒コラムお腹の冷え、腹痛を改善する漢方薬「大建中湯」が医療機関でよく処方される理由
 

漢方薬一覧ページに戻る

PAGETOP
Copyright © 漢方薬を始めよう All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.