薬剤師が漢方薬をわかりやすく解説します。漢方薬を使ってみたいと思っているかた、これから漢方薬を勉強しようとお考えのかた、みなさんが薬局やドラッグストアで漢方薬を選ぶときなどに(薬剤師さんや登録販売者さんも、)参考にしてください。

大柴胡湯





大柴胡湯(だいさいことう)

小陽陽明合病に対する代表処方。

「小柴胡湯」から(人参・甘草)を除いて(芍薬・枳実・大黄)を加えた処方。

大柴胡湯の出典

傷寒論・金匱要略

大柴胡湯の組成

柴胡(サイコ)
黄芩(オウゴン)
半夏(ハンゲ)
芍薬(シャクヤク)
枳実(キジツ)
大棗(タイソウ)
生姜(ショウキョウ)
大黄(ダイオウ)

大柴胡湯の適応症状

黄疸、胆石症、胆のう炎、肝機能障害

高血圧症、高血圧に伴う肩こり・慢性頭痛

悪心、嘔吐、食欲不振、胃酸過多症、痔疾

肥満、糖尿病、高血圧などの体質改善

気管支喘息

ノイローゼ、イライラ、不眠症、神経衰弱、脳溢血、半身不随

その他、各炎症性疾患

  • 保険適応外の症状を含みます。
  • 上記の症状に応用が可能という意味であり、すべての症状が大柴胡湯で治せる、ということではありません。

大柴胡湯の使用ポイント

柴胡剤の中では最も実証向けの漢方薬となります。

イライラして怒りっぽい、便秘傾向、胃部につかえ感、上腹部が張って苦しい、舌の苔が黄色、などがポイントになります。

「小柴胡湯」を用いるような状況で、便秘があるときに選択されます。

大柴胡湯の注意点

便秘傾向がない場合または、これで下痢をする場合は、大黄を除いた「大柴胡湯去大黄」を用います。

長期間服用されることもあり、間質性肺炎などの副作用に気を付ける必要があります。

通常、小児にはあまり用いられません。

  • 用法用量や使用上の注意は、医師・薬剤師の指示、または添付文書の説明を守ってください。

大柴胡湯の関連ブログ記事

 

【医師監修】「漢方薬で痩せる」は本当?効果が期待できる5つの漢方薬(くすりの相談室)

 

漢方薬一覧ページに戻る




おすすめの本

PAGETOP
Copyright © 漢方薬を始めよう All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.