薬剤師が漢方薬をわかりやすく解説します。漢方薬を使ってみたいと思っているかた、これから漢方薬を勉強しようとお考えのかた、みなさんが薬局やドラッグストアで漢方薬を選ぶときなどに(薬剤師さんや登録販売者さんも、)参考にしてください。

安中散


安中散(あんちゅうさん)

冷えによる腹痛に対する方剤

出典

和剤局方

組成

桂枝(ケイシ)または桂皮(ケイヒ)
高良姜(コウリョウキョウ)または良姜(リョウキョウ)
小茴香(ショウウイキョウ)または茴香(ウイキョウ)
延胡索(エンゴサク)
縮砂(シュクシャ)
炙甘草(シャカンゾウ)
牡蛎(ボレイ)

適応症状

胃痛、腹痛(腹部膨満感、悪心、嘔吐、胸やけ、げっぷ、呑酸などを伴う)

神経性胃炎、慢性胃炎、胃アトニー、胃酸過多

月経痛、月経困難症

  • 保険適応外の症状を含みます。
  • 上記の症状に応用が可能という意味であり、すべての症状が安中散で治せる、ということではありません。

ポイント

空腹時の胃痛、胸やけ、胃酸が上がってきて酸っぱい、などのときに用います。

ほとんどの生薬が温める作用を持つため、冷え、または冷たいものの飲食で起こった腹痛に効果があります。

胃痛によく使われていますが、女性では生理痛にも使えます。

注意

潰瘍などで強い炎症によって起こっている胃痛には逆効果になることがあります。

  • 用法用量や使用上の注意は、医師・薬剤師の指示、または添付文書の説明を守ってください。

関連ブログ記事

冷えによる腹痛、生理痛に安中散

 

漢方薬一覧ページに戻る

 

おすすめの本

PAGETOP
Copyright © 漢方薬を始めよう All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.