薬剤師が漢方薬をわかりやすく解説します。漢方薬を使ってみたいと思っているかた、これから漢方薬を勉強しようとお考えのかた、みなさんが薬局やドラッグストアで漢方薬を選ぶときなどに(薬剤師さんや登録販売者さんも、)参考にしてください。

小半夏加茯苓湯


小半夏加茯苓湯(しょうはんげかぶくりょうとう)

痰飲による悪心・嘔吐・吃逆(しゃっくり)に対する基本処方。(→痰飲とは

「小半夏湯」(しょうはんげとう)に茯苓を加えたもの。

出典

金匱要略

組成

半夏(ハンゲ)
生姜(ショウキョウ)
茯苓(ブクリョウ)

適応症状

(胃内停水のある)悪心・嘔吐

つわり(妊娠嘔吐)

諸病の嘔吐(急性胃腸炎、湿性胸膜炎、水腫性脚気、蓄膿症)

乗り物酔い

  • 保険適応外の症状を含みます。
  • 上記の症状に応用が可能という意味であり、すべての症状が小半夏加茯苓湯で治せる、ということではありません。

ポイント

主に悪心・嘔吐に用います。

口渇が少ない、吐く量は少ない、吐いても悪心が残るという場合に適します。

悪心・嘔吐が強い場合は、白湯に溶かしたものを冷やして少量ずつ服用して下さい。

注意

対症療法なので、一般的には頓服で用います。(痰飲の根本原因を除くものではありません)

口渇があり、多量の水を吐くような嘔吐では、「五苓散」が適します。

飲酒過多による吐き気には、「黄連解毒湯」が適します。

  • 用法用量や使用上の注意は、医師・薬剤師の指示、または添付文書の説明を守ってください。

関連ブログ記事

 

漢方薬一覧ページに戻る

PAGETOP
Copyright © 漢方薬を始めよう All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.