薬剤師が漢方薬をわかりやすく解説します。漢方薬を使ってみたいと思っているかた、これから漢方薬を勉強しようとお考えのかた、みなさんが薬局やドラッグストアで漢方薬を選ぶときなどに(薬剤師さんや登録販売者さんも、)参考にしてください。

小柴胡湯





小柴胡湯(しょうさいことう)

柴胡・黄芩からなる柴胡剤の基本処方。

半表半裏証に対する代表処方。

小柴胡湯の出典

傷寒論・金匱要略

小柴胡湯の組成

柴胡(サイコ)
黄芩(オウゴン)
半夏(ハンゲ)
生姜(ショウキョウ)
大棗(タイソウ)
人参(ニンジン)
甘草(カンゾウ)

小柴胡湯の適応症状

長引いているカゼ、肺炎、気管支炎などの急性熱性疾患が遅延したときの症状(微熱、食欲不振、悪心、吐き気、口中不快など)

慢性肝炎、肝機能障害、慢性胃腸障害

腎炎、扁桃腺炎、リンパ腺炎、その他の炎症性疾患

胸膜炎、肺結核などの結核性諸疾患の補助療法

産後の回復不全

  • 保険適応外の症状を含みます。
  • 上記の症状に応用が可能という意味であり、すべての症状が小柴胡湯で治せる、ということではありません。

小柴胡湯の使用のポイント

適応は非常に幅広く、急性疾患から慢性疾患まで様々な症状に使われる処方です。

主には炎症性の疾患に使われますが、

使用のポイントは、ここだけには書き切れませんので、ブログ記事や他の参考書、専門書でご確認ください。

小柴胡湯の注意点

インターフェロンとの併用は禁忌とされています。

甘草が含まれます。他の処方と併用するときは特に甘草の重複による副作用の発現に注意が必要です。

慢性肝炎の患者に使用されたとき、ごくごくまれに間質性肺炎が起こる可能性があるといわれています。

高齢者に長期に使用する場合は、証を十分考慮する必要があります。陰虚証、陰虚火旺証には禁です。

  • 用法用量や使用上の注意は、医師・薬剤師の指示、または添付文書の説明を守ってください。

小柴胡湯の関連ブログ記事

 

漢方薬一覧ページに戻る




PAGETOP
Copyright © 漢方薬を始めよう All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.