薬剤師が漢方薬をわかりやすく解説します。漢方薬を使ってみたいと思っているかた、これから漢方薬を勉強しようとお考えのかた、みなさんが薬局やドラッグストアで漢方薬を選ぶときなどに(薬剤師さんや登録販売者さんも、)参考にしてください。

帰脾湯


帰脾湯(きひとう)

「補気健脾」と「養心安神」を組み合わせた処方

帰脾湯の出典

済生方、内科摘要

帰脾湯の組成

黄耆(オウギ)
人参(ニンジン)
白朮(ビャクジュツ)
茯苓(ブクリョウ)
酸棗仁(サンソウニン)
竜眼肉(リュウガンニク)
当帰(トウキ)
生姜(ショウキョウ)
大棗(タイソウ)
遠志(オンジ)
甘草(カンゾウ)
木香(モッコウ)

帰脾湯の適応症状

不眠・貧血・健忘症

食欲不振、膨満感、軟便~水様便などの胃腸症状

めまい・動悸

皮下出血・不正性器出血などの異常な出血

  • 保険適応外の症状を含みます。
  • 上記の症状に応用が可能という意味であり、すべての症状が帰脾湯で治せる、ということではありません。

帰脾湯のポイント

胃腸が弱い虚弱な人が、悩みすぎや過労などよって精神症状もあらわれたときに適する処方です。

「四君子湯」(しくんしとう)がベースに含まれている方剤です。

のぼせ、イライラ、ほてり、胸苦しいなどの症状を伴うときは「加味帰脾湯」(かみきひとう)が使われます。

帰脾湯の注意点

比較的長期間の服用が必要です。

急性の止血効果はありません。

  • 用法用量や使用上の注意は、医師・薬剤師の指示、または添付文書の説明を守ってください。

帰脾湯の関連ブログ記事

 

漢方薬一覧ページに戻る




おすすめの本

PAGETOP
Copyright © 漢方薬を始めよう All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.