薬剤師が漢方薬をわかりやすく解説します。漢方薬を使ってみたいと思っているかた、これから漢方薬を勉強しようとお考えのかた、みなさんが薬局やドラッグストアで漢方薬を選ぶときなどに(薬剤師さんや登録販売者さんも、)参考にしてください。

当帰飲子


当帰飲子(とうきいんし)

血虚生風の方剤

つまり「血虚」にともなって発生するかゆみに用いる方剤

出典

済生方

組成

地黄(ジオウ) ※熟地黄
芍薬(シャクヤク) ※白芍
当帰(トウキ)
川芎(センキュウ)
何首烏(カシュウ)
黄耆(オウギ)
甘草(カンゾウ)
防風(ボウフウ)
荊芥(ケイガイ)
蒺藜子(シツリシ) ※白蒺藜(ビャクシツリ)ともいう

適応症状

慢性湿疹、皮膚のかゆみ

慢性蕁麻疹

乾皮症、老人性皮膚掻痒症、皮脂欠乏性湿疹

  • 保険適応外の症状を含みます。
  • 上記の症状に応用が可能という意味であり、すべての症状が当帰飲子で治せる、ということではありません。

ポイント

補血剤の基本である「四物湯」(しもつとう)をベースにしている方剤です。

皮膚がカサカサしている乾燥性の湿疹や痒みに適します。

高齢者(の乾燥肌)に使われることが多いです。

注意

地黄・当帰による胃腸障害に注意が必要です。

分泌物の多い皮膚疾患には用いません。

また処方全体としては温める作用なので、炎症性の強いときに用いると、悪化する可能性があります。

  • 用法用量や使用上の注意は、医師・薬剤師の指示、または添付文書の説明を守ってください。

関連ブログ記事

 

漢方薬一覧ページに戻る

PAGETOP
Copyright © 漢方薬を始めよう All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.