薬剤師が漢方薬をわかりやすく解説します。漢方薬を使ってみたいと思っているかた、これから漢方薬を勉強しようとお考えのかた、みなさんが薬局やドラッグストアで漢方薬を選ぶときなどに(薬剤師さんや登録販売者さんも、)参考にしてください。

桂枝加朮附湯


桂枝加朮附湯(けいしかじゅつぶとう)

「桂枝湯」(けいしとう)に蒼朮・附子を加えたもの。

表寒・表虚(桂枝湯の適応)に寒湿をともなったときに対応する処方。

出典

方機(吉益東洞)

組成

桂枝(ケイシ)
芍薬(シャクヤク)
甘草(カンゾウ)
大棗(タイソウ)
生姜(ショウキョウ)
蒼朮(ソウジュツ)
附子(ブシ)

適応症状

関節痛、神経痛、慢性関節リウマチ、偏頭痛

急性の筋肉痛、麻痺症状

  • 保険適応外の症状を含みます。
  • 上記の症状に応用が可能という意味であり、すべての症状が桂枝加朮附湯で治せる、ということではありません。

ポイント

桂枝湯の、温める作用を強め、浮腫を改善する効果を加えた方剤です。

蒼朮に健胃作用があるので、消炎鎮痛剤が胃痛を起こして使えないときに代用されることがあります。

桂枝湯と同様に、虚弱傾向な人に使われることが多いです。

冷えると痛む関節痛に適します。

注意

長期服用するときは甘草による副作用に注意して下さい。

温める方剤でありますが、発汗が強い場合は減量が必要です。

熱感や炎症の強い関節痛には適しません。

  • 用法用量や使用上の注意は、医師・薬剤師の指示、または添付文書の説明を守ってください。

関連ブログ記事

 

漢方薬一覧ページに戻る

おすすめの本

PAGETOP
Copyright © 漢方薬を始めよう All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.