薬剤師が漢方薬をわかりやすく解説します。漢方薬を使ってみたいと思っているかた、これから漢方薬を勉強しようとお考えのかた、みなさんが薬局やドラッグストアで漢方薬を選ぶときなどに(薬剤師さんや登録販売者さんも、)参考にしてください。

桂枝加芍薬湯


桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう)

「桂枝湯」(けいしとう)の芍薬を倍量にしたもの。

または、「小建中湯」(しょうけんちゅうとう)から膠飴を除いたもの。

出典

傷寒論

組成

桂枝(ケイシ)
芍薬(シャクヤク) ※白芍
甘草(カンゾウ) ※炙甘草
生姜(ショウキョウ)
大棗(タイソウ)

適応症状

腹痛、しぶり腹

体質虚弱者の急性腸炎、慢性腸炎

過敏性腸症候群(腹痛・下痢)

虫垂炎や腹膜炎などの炎症

便秘

(脾虚による)鼠蹊ヘルニア・痔核・胃下垂などの臓器の下垂

  • 保険適応外の症状を含みます。
  • 上記の症状に応用が可能という意味であり、すべての症状が桂枝加芍薬湯で治せる、ということではありません。

ポイント

ストレスや緊張による腹痛、下痢によく用いられます。

IBS(過敏性腸症候群)に対してはファーストチョイスです。

一回の排便が少ないけれど、腹痛、残便感、しぶり腹、下腹部の膨満感などがあり、回数の多くなる下痢に適します。

大黄を含む方剤で腹痛や下痢を起こしてしまう人の、便秘に用いられることがあります。

注意

基本的には桂枝湯と同じで、寒虚証向きの方剤です。

どちらかというとやや虚弱者の腹痛に適します。

  • 用法用量や使用上の注意は、医師・薬剤師の指示、または添付文書の説明を守ってください。

関連ブログ記事

 

漢方薬一覧ページに戻る

おすすめの本

PAGETOP
Copyright © 漢方薬を始めよう All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.