薬剤師が漢方薬をわかりやすく解説します。漢方薬を使ってみたいと思っているかた、これから漢方薬を勉強しようとお考えのかた、みなさんが薬局やドラッグストアで漢方薬を選ぶときなどに(薬剤師さんや登録販売者さんも、)参考にしてください。

桂枝茯苓丸


桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

駆瘀血剤の代表的処方です。

主に血行不良の改善、または血行不良による痛みの緩和に用いられます。

桂枝茯苓丸の出典

金匱要略(3世紀)

桂枝茯苓丸を構成している生薬

桂枝(ケイシ) ※エキス製剤では桂皮(ケイヒ)のことが多い
茯苓(ブクリョウ)
桃仁(トウニン)
牡丹皮(ボタンピ)
芍薬(シャクヤク) ※原典では赤芍(セキシャク)

桂枝茯苓丸の適応症状

月経痛、月経困難、月経不順、子宮内膜症、子宮筋腫、不正性器出血、不妊症

更年期障害、血の道症 (肩こり、頭痛、めまい、のぼせ、冷え症、精神不安)

しもやけ、しみ、にきび

打撲症、内出血、関節痛、腹膜炎、睾丸炎、皮膚炎、蕁麻疹

痔疾患

  • 保険適応外の症状を含みます。
  • 上記の症状に応用が可能という意味であり、すべての症状が桂枝茯苓丸で治せる、ということではありません。

桂枝茯苓丸の使用のポイント

血流の改善、抗炎症を目標に、幅広く適応されます。

婦人科における代表的な薬ですが、男性でも使えます。

更年期障害ののぼせに伴う精神不安にも効果があります。

桂枝茯苓丸の適応で、さらに皮膚症状があるときや、浮腫がみられるとき、痛みが強いときには、薏苡仁(ヨクイニン)を加えた「桂枝茯苓丸加薏苡仁」(けいしぶくりょうがんかよくいにん)が使われます。

便秘の傾向が強い場合は、「桃核承気湯」(とうかくじょうきとう)の方が適するかもしれません。

桂枝茯苓丸の注意点

駆瘀血が主作用のため、体力がない方は補気剤や補血剤の併用が必要なことがあります。

瀉下作用は弱いですが、軟便ぎみの方は、悪化することがあります。

桃仁・牡丹皮の作用により流産・早産のおそれがあるので、妊娠中の服用は避けてください。

⇒コラム肩こりや月経不順にも?漢方薬「桂枝茯苓丸」の効果・生薬・副作用

  • 用法用量や使用上の注意は、医師・薬剤師の指示、または添付文書の説明を守ってください。

桂枝茯苓丸の関連ブログ記事

 

漢方薬一覧ページに戻る

 

PAGETOP
Copyright © 漢方薬を始めよう All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.