薬剤師が漢方薬をわかりやすく解説します。漢方薬を使ってみたいと思っているかた、これから漢方薬を勉強しようとお考えのかた、みなさんが薬局やドラッグストアで漢方薬を選ぶときなどに(薬剤師さんや登録販売者さんも、)参考にしてください。

芎帰膠艾湯





芎帰膠艾湯(きゅうききょうがいとう)

不正性器出血に対する処方。

別称:膠艾湯・膠艾四物湯

芎帰膠艾湯の出典

金匱要略

芎帰膠艾湯の組成

川芎(センキュウ)
当帰(トウキ)
阿膠(アキョウ)
艾葉(ガイヨウ)
芍薬(シャクヤク)  ※白芍
地黄(ジオウ)  ※熟地黄
甘草(カンゾウ)  ※炙甘草

芎帰膠艾湯の適応症状

痔出血、腸出血

不正性器出血、月経過多、切迫流産・産後の出血、子宮内膜症、子宮出血

下血、血尿(腎出血、尿路出血)

(出血過多による)貧血症、外傷後の内出血、紫斑病

  • 保険適応外の症状を含みます。
  • 上記の症状に応用が可能という意味であり、すべての症状が芎帰膠艾湯で治せる、ということではありません。

芎帰膠艾湯の使用ポイント

四物湯」(しもつとう)に止血作用のある艾葉・阿膠と、あと甘草が加わった構成の方剤です。

主に下半身からの(持続的な)出血に、止血を目的に使われています。

血虚がベースにあり、かつ冷え症の人に適しています。

芎帰膠艾湯の注意点

胃腸障害を起こすことがあるので、胃腸が弱い人は注意して下さい。

下半身を温める作用があるため、炎症性の出血や、熱感、のぼせ等を伴うときには、逆に出血を悪化させる可能性があります。

  • 用法用量や使用上の注意は、医師・薬剤師の指示、または添付文書の説明を守ってください。

芎帰膠艾湯の関連ブログ記事

 

漢方薬一覧ページに戻る




PAGETOP
Copyright © 漢方薬を始めよう All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.