薬剤師が漢方薬をわかりやすく解説します。漢方薬を使ってみたいと思っているかた、これから漢方薬を勉強しようとお考えのかた、みなさんが薬局やドラッグストアで漢方薬を選ぶときなどに(薬剤師さんや登録販売者さんも、)参考にしてください。

茯苓飲





茯苓飲(ぶくりょういん)

胃の溜飲症に対する代表処方。

(溜飲症:食べたものが胃に停滞しているせいで、胃液・胃酸などが食道や喉まで上がってくる症状)

茯苓飲の出典

外台秘要・金匱要略

茯苓飲の組成

人参(ニンジン)
白朮(ビャクジュツ)または蒼朮(ソウジュツ)
茯苓(ブクリョウ)
枳実(キジツ)
陳皮(チンピ)
生姜(ショウキョウ)

茯苓飲の適応症状

胃炎、神経性胃炎、胃アトニー、溜飲、食欲不振、胃拡張、胃下垂、消化不良

胃酸過多、胸やけ、逆流性食道炎

反芻(はんすう)症

  • 保険適応外の症状を含みます。
  • 上記の症状に応用が可能という意味であり、すべての症状が茯苓飲で治せる、ということではありません。

茯苓飲の使用ポイント

胃の蠕動運動を促進して、溜飲を除去する効果のある漢方薬です。

食べ過ぎたりしたあとに、胃もたれ、げっぷ、胸やけが起こる、

食べ物が胃につかえた感じの膨満感があり苦しいときに用いられます。

体力・体格にあまり関わらず使用することができます。

茯苓飲の注意点

胃腸虚弱の改善を期待して長期服用するというよりも、頓服で用いることの方が一般的です。

つまり、症状が治まったら中止して良い方剤です。

吐き気がひどい場合は、他の薬の併用が必要かもしれません。

  • 用法用量や使用上の注意は、医師・薬剤師の指示、または添付文書の説明を守ってください。

茯苓飲の関連ブログ記事

 

漢方薬一覧ページに戻る




おすすめの本

PAGETOP
Copyright © 漢方薬を始めよう All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.