薬剤師が漢方薬をわかりやすく解説します。漢方薬を使ってみたいと思っているかた、これから漢方薬を勉強しようとお考えのかた、みなさんが薬局やドラッグストアで漢方薬を選ぶときなどに(薬剤師さんや登録販売者さんも、)参考にしてください。

葛根湯



葛根湯(かっこんとう)

桂枝湯(けいしとう)に葛根と麻黄を加え、桂枝と芍薬を減量した処方

出典

傷寒論・金匱要略

組成

葛根(カッコン)
麻黄(マオウ)
桂枝(ケイシ)
芍薬(シャクヤク)
甘草(カンゾウ)
生姜(ショウキョウ)
大棗(タイソウ)

適応症状

自然発汗がないカゼの初期の症状(頭痛、発熱、悪寒など)

感冒、鼻かぜ

炎症性疾患(結膜炎、角膜炎、中耳炎、扁桃腺炎、リンパ腺炎、乳腺炎)

項背部や肩のこり、上半身の神経痛、寝ちがい、筋肉痛、五十肩

じんましん

  • 保険適応外の症状を含みます。
  • 上記の症状に応用が可能という意味であり、すべての症状が葛根湯で治せる、ということではありません。

ポイント

桂枝と麻黄が合わさるので、発汗作用が強いです。

熱性疾患の初期に発汗剤として用います。

汗の出ない発熱で、悪寒(さむけ)を同時にともなうカゼに用います。

項背部のこり、後頭部の頭痛をともなう症状に有効です。

注意

汗の出やすい表虚証の人は使えません。

  • 用法用量や使用上の注意は、医師・薬剤師の指示、または添付文書の説明を守ってください。

関連ブログ記事

 

漢方薬一覧ページに戻る




PAGETOP
Copyright © 漢方薬を始めよう All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.