薬剤師が漢方薬をわかりやすく解説します。漢方薬を使ってみたいと思っているかた、これから漢方薬を勉強しようとお考えのかた、みなさんが薬局やドラッグストアで漢方薬を選ぶときなどに(薬剤師さんや登録販売者さんも、)参考にしてください。

調胃承気湯


調胃承気湯(ちょういじょうきとう)

承気湯類の一つ。

「大黄甘草湯」(だいおうかんぞうとう)に、芒硝を加えたものにあたります。

緩下剤としての基本処方になります。

調胃承気湯の出典

傷寒論(3世紀)

調胃承気湯を構成する生薬

大黄(ダイオウ)
甘草(カンゾウ)
芒硝(ボウショウ)  ※無水芒硝

調胃承気湯の適応症状

便秘、硬い(コロコロ)便、残便感

過食による急性胃炎(便秘をともなうもの)

歯痛、嘔吐、腹部膨満、にきびや吹き出物などの皮膚疾患

  • 保険適応外の症状を含みます。
  • 上記の症状に応用が可能という意味であり、すべての症状が調胃承気湯で治せる、ということではありません。

調胃承気湯の使用のポイント

芒硝とは、天然の硫酸ナトリウム、もしくは硫酸マグネシウムです。

「大黄甘草湯」よりも、便を軟らかくする効果を増し、便を出しやすくした処方です。

「〇〇承気湯」と名のつく漢方薬の中では、一番作用のやさしいものです。

辛いものや油ものなどの食べ過ぎ、またはストレスにより、胃腸に熱がこもり、便が乾燥し硬くなって起こる便秘に適します。

調胃承気湯の注意点

基本は、頓服として用います。

高齢者や胃腸の弱い人では腹痛、下痢を起こすことがあるので注意が必要です。

大黄も芒硝も、子宮収縮作用があるため、妊婦さんは使用を控えてください。

母乳中に大黄の成分が出ることで、まれに乳児が下痢をすることがあります。

ナトリウム制限の受けている方は、医師に相談してください。

  • 用法用量や使用上の注意は、医師・薬剤師の指示、または添付文書の説明を守ってください。

調胃承気湯の関連ブログ記事

 

漢方薬一覧ページに戻る

 

PAGETOP
Copyright © 漢方薬を始めよう All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.