薬剤師が漢方薬をわかりやすく解説します。漢方薬を使ってみたいと思っているかた、これから漢方薬を勉強しようとお考えのかた、みなさんが薬局やドラッグストアで漢方薬を選ぶときなどに(薬剤師さんや登録販売者さんも、)参考にしてください。

麻杏甘石湯





麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)

肺熱の咳嗽・呼吸困難に対する基本処方。

「麻黄湯」の桂枝の代わりに石膏を入れたもの。

麻杏甘石湯の出典

傷寒論

麻杏甘石湯の組成

麻黄(マオウ)
杏仁(キョウニン)
甘草(カンゾウ) ※生甘草
石膏(セッコウ)

麻杏甘石湯の適応症状

喘息発作、小児喘息、気管支喘息

熱感や口渇をともなう気管支炎、粘稠痰

肺炎、百日咳などの咳の症状のある疾患

咳のかぜ、乳幼児のかぜ

炎症性の皮膚疾患

痔核の腫脹、疼痛

  • 保険適応外の症状を含みます。
  • 上記の症状に応用が可能という意味であり、すべての症状が麻杏甘石湯で治せる、ということではありません。

麻杏甘石湯の使用ポイント

激しい咳に対して使われることが多い処方です。

喘息発作には頓服で使われます。

咽痛・咳嗽が非常に激しいとき、桑白皮を加えた「五虎湯」が用いられます。

麻杏甘石湯の注意点

寒性が強いので冷えのある人には向きません。

高齢者など乾燥体質の人の場合は、滋陰剤が必要であり、あまり使われません。

麻黄による不眠、動悸、胃部不快感に注意して下さい。

  • 用法用量や使用上の注意は、医師・薬剤師の指示、または添付文書の説明を守ってください。

関連ブログ記事

 

漢方薬一覧ページに戻る




PAGETOP
Copyright © 漢方薬を始めよう All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.