薬剤師が漢方薬をわかりやすく解説します。漢方薬を使ってみたいと思っているかた、これから漢方薬を勉強しようとお考えのかた、みなさんが薬局やドラッグストアで漢方薬を選ぶときなどに(薬剤師さんや登録販売者さんも、)参考にしてください。

麻杏薏甘湯





麻杏薏甘湯(まきょうよくかんとう)

表実の風湿邪に対する、祛風除湿の処方。

「麻黄湯」の麻黄と杏仁の量を減らし、桂枝の代わりに薏苡仁を加えたもの。

麻杏薏甘湯の出典

金匱要略(3世紀)

麻杏薏甘湯を構成する生薬

麻黄(マオウ)
杏仁(キョウニン)
薏苡仁(ヨクイニン)
甘草(カンゾウ) ※炙甘草

麻杏薏甘湯の適応症状

関節痛、神経痛、筋肉痛、リウマチ、しびれ、腰痛、ねちがい

咳や発熱のあるカゼ

浮腫

イボ、手掌角化症、皮膚乾燥、頭部のフケ

  • 保険適応外の症状を含みます。
  • 上記の症状に応用が可能という意味であり、すべての症状が麻杏薏甘湯で治せる、ということではありません。

麻杏薏甘湯の使用のポイント

体表に風湿邪が侵入したことによって生じる関節や筋肉の痛みに対して使われます。

痛みは比較的軽く、初期のしびれ痛、熱感や浮腫がみられるような症状に用いられます。

患部は温めた方が良い場合が多いです。

麻杏薏甘湯の注意点

高血圧、狭心症や心筋梗塞などの心疾患がある方は慎重に使う必要があります。

特に高齢者の場合、不眠、高血圧、排尿障害、動悸などの副作用に注意して下さい。

まれに胃腸障害や下痢を起こすことがあります。

皮膚疾患に使うときは、長期連用はせず、代わりに薏苡仁のみが良いかもです。

  • 用法用量や使用上の注意は、医師・薬剤師の指示、または添付文書の説明を守ってください。

麻杏薏甘湯の関連ブログ記事

 

漢方薬一覧ページに戻る




おすすめの本

PAGETOP
Copyright © 漢方薬を始めよう All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.