薬剤師が漢方薬をわかりやすく解説します。漢方薬を使ってみたいと思っているかた、これから漢方薬を勉強しようとお考えのかた、みなさんが薬局やドラッグストアで漢方薬を選ぶときなどに(薬剤師さんや登録販売者さんも、)参考にしてください。

麻黄湯(まおうとう)





麻黄湯(まおうとう):MT

表寒・表実証に対する基本処方です。太陽病傷寒に対する基本処方ともいいます。

医療用エキス製剤では、クラシエ・コタロー・ジュンコウ・ツムラ・テイコク・本草などから出ています。

麻黄湯の出典

傷寒論・金匱要略(3世紀)

麻黄湯の組成と性味

麻黄(マオウ)  :温性-辛味・微苦味
杏仁(キョウニン)  :微温性-苦味 ※小毒
桂枝(ケイシ)  :温性-辛味・甘味
甘草(カンゾウ) :平-甘味

麻黄湯の適応症状

自然発汗のないカゼの初期(寒気・発熱・頭痛・ふしぶしの痛みなど)

関節痛、筋肉痛、腰痛を伴うカゼ

インフルエンザ、全身症状を伴う急性呼吸器感染症

強い咳、喘鳴、寒冷時に発症または増悪する気管支喘息

鼻閉・鼻水

乳幼児の鼻づまり・哺乳困難

  • 保険適応外の症状を含みます。
  • 上記の症状に応用が可能という意味であり、すべての症状が麻黄湯で治せる、ということではありません。

麻黄湯の使用のポイント

葛根湯よりも熱や咳の症状が強く、筋肉痛・関節痛をともなう場合に使われます。

汗をかかせることで解熱させる方剤です。

体力があり、がっちりしたしたタイプの方に使われます。

短期的に使い、長期に服用することはありません。

麻黄湯の注意点

汗の出やすい虚弱体質な方には使われません。

カゼの治療においては、発汗により熱が下がった時点で服用を中止して下さい。

麻黄による不眠、動悸、血圧上昇、排尿障害などの副作用に注意して下さい。

特に高齢者や、高血圧、狭心症、心筋梗塞などの循環器系の疾患のある方は要注意です。

また胃腸の弱い人は、悪心や下痢などの胃腸障害が起こることがあります。

  • 用法用量や使用上の注意は、医師・薬剤師の指示、または添付文書の説明を守ってください。

一般用医薬品(市販薬)の麻黄湯の例

麻黄湯関連のブログ記事

 

漢方薬一覧ページに戻る

スポンサーリンク


PAGETOP
Copyright © 漢方薬を始めよう All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.