薬剤師が漢方薬をわかりやすく解説します。漢方薬を使ってみたいと思っているかた、これから漢方薬を勉強しようとお考えのかた、みなさんが薬局やドラッグストアで漢方薬を選ぶときなどに(薬剤師さんや登録販売者さんも、)参考にしてください。

麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)





麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう):MBST

陽虚の表寒に対する基本処方とされます。

別称:麻黄細辛附子湯

医療用エキス製剤では、コタロー・ツムラ・三和があり、

コタローのはカプセル製剤です。

麻黄附子細辛湯の出典

傷寒論(3世紀)

麻黄附子細辛湯を構成する生薬

麻黄(マオウ)
附子(ブシ)
細辛(サイシン)

麻黄附子細辛湯の適応症状

冷え、四肢の疼痛冷感

冷えをともなう頭痛、関節痛、めまい

アレルギー性鼻炎、水様性鼻汁、水様鼻漏、慢性副鼻腔炎、花粉症

感冒、気管支炎、咳嗽、のどの痛み、流感

帯状疱疹後の神経痛(冷えを伴う場合)、寒冷じんましん、日光過敏症

のどがチクチクするような感冒や熱性疾患の初期

  • 保険適応外の症状を含みます。
  • 上記の症状に応用が可能という意味であり、すべての症状が麻黄附子細辛湯で治せる、ということではありません。

麻黄附子細辛湯の使用のポイント

高齢者や、体力の弱い人、新陳代謝が衰えて、冷えの強い人に用いられます。

倦怠感があり、だるい、横になりたいという症状に適します。

冷えを伴うアレルギー性鼻炎にも使えます。

麻黄附子細辛湯の注意点

寒証向き(著しい冷えがある人向き)の方剤です。

血圧が高い人、心疾患のある人は注意が必要です。(短期間の使用で止めてください。)

麻黄により胃痛、不眠、動悸、排尿障害が起こることがあります。

  • 用法用量や使用上の注意は、医師・薬剤師の指示、または添付文書の説明を守ってください。

一般用医薬品(市販薬)の麻黄附子細辛湯の例

麻黄附子細辛湯の関連ブログ記事

 

漢方薬一覧ページに戻る

スポンサーリンク


PAGETOP
Copyright © 漢方薬を始めよう All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.