四物湯(しもつとう)は、「血虚」に用いる基本処方です。

 

血虚とは、

血(けつ)が足りないことによって

血の持つ作用が不足した状態。

十分に血が行き届かないため、

からだ全体、または局所で、栄養不良の症状があらわれた状態です。

 

 

四物湯の構成は、

地黄・芍薬・当帰・川芎の4種類の生薬です。

(※詳しくは書きませんが、通常の四物湯は、地黄は熟地黄、芍薬は白芍を指しています)

 

地黄・芍薬・当帰で、血(または陰血)を補い、

川芎で、気血の流れをよくします。

 

月経異常に対しても、調経(月経を調える)の基本処方として使われます。

 

この四物湯を含む漢方薬は、代表的なもので以下のものがあります。
  • 芎帰膠艾湯(きゅうききょうがいとう)
  • 七物降下湯(しちもつこうかとう)
  • 温清飲(うんせいいん)
  • 荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)
  • 当帰飲子(とうきいんし)
  • 十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)
  • 大防風湯(だいぼうふうとう)
  • 疎経活血湯(そけいかっけつとう)
  • 猪苓湯合四物湯(ちょれいとうごうしもつとう)

などです。

 

その他、

当帰・芍薬・川芎を含むものとして、
  • 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
  • 温経湯(うんけいとう)
当帰・川芎・地黄を含むものとして、
  • 芎帰調血飲(きゅうきちょうけついん)
当帰・芍薬・地黄を含むものとして、
  • 人参養栄湯(にんじんようえいとう)

なども補血薬に含むことができます。

 

注意点として、

地黄は胃腸障害を起こしやすいこと。

また、当帰や川芎でも食欲不振を起こす可能性はあります。

そして、

川芎は妊娠中は念のため過量にならないようにします。

  関連コンテンツ

スポンサーリンク