茵蔯蒿湯(いんちんこうとう)において使用上の注意の、

副作用の項目に、「腸間膜静脈硬化症」が追加されました。

 

平成23年4月~平成26年5月の約3年2か月間で、

因果関係が否定できない副作用報告が4例とのこと。

年間推定使用者数は約1.3万人。

 

長期投与により、腸間膜静脈硬化症があらわれることがあるとされる、と。

主症状としては、腹痛、下痢、便秘、腹部膨満感など。

 

 

平成25年には、

黄連解毒湯(おうれんげどくとう)

加味逍遥散(かみしょうようさん)

辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)

について、同じように腸間膜静脈硬化症が副作用欄に追記されています。

 

副作用の原因の一つとして、

共通して含まれる生薬、「山梔子(さんしし)」

これの成分(ゲニポシド)が疑わしいと言われています。

 

長期に服用している場合に現れる副作用ということですが、

目安として、5年以上服用している場合には注意が必要だということです。

 

ちなみに

山梔子を含む他の処方には、

防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)
温清飲(うんせいいん)
清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)
竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)
加味帰脾湯(かみきひとう)

などがあります。

これらの漢方薬を長期間服用している方は、

定期的に大腸内視鏡検査を受けられることをお勧めします。

 

薬剤師の転職満足率90%超の実績!!ファルマスタッフ登録はこちら

  関連コンテンツ

スポンサーリンク