承気湯類の一つ、「桃核承気湯」(とうかくじょうきとう)

構成生薬は、桃仁・桂枝・大黄・芒硝・甘草の5つ。

このうち、大黄・芒硝・甘草は、調胃承気湯(ちょういじょうきとう)の組み合わせですので、

桃核承気湯  = 調胃承気湯 + (桃仁・桂枝) となります。

念のため書きますと

桃核承気湯  = (大黄甘草湯+芒硝)+(桃仁・桂枝) です。

 

芒硝は、便を潤して軟らかくします。

桃仁とはモモの「種子」ですが、植物の種子ですので油分が多く含まれます。

この油分が、やはり乾燥した腸内を潤し、便を軟らかくし、便通の効果を助けます。

「大黄甘草湯」に芒硝・桃仁が加わりまして、「桃核承気湯」の5種類の生薬はほぼ、便秘の人向きの構成になります。

 

 

「桃核承気湯」の適応上は、

月経不順や月経痛、のぼせ、イライラ、更年期障害といった症状に使えるということになっていますが、

「調胃承気湯」を含んでいるわけですので、便秘やお腹の張りの症状がある、というのを前提にして使うべきものです。

逆に、体力がない、下痢しやすい人には使えないということです。

 

桃仁(とうにん)と桂枝(けいし)というのは、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)をはじめ、婦人科で使う漢方薬によく含まれています。

ともに血流を改善する効果があります。

「桃核承気湯」から、瀉下作用の「調胃承気湯」の部分を抜いて、
代わりに牡丹皮・芍薬などを加えて、駆瘀血の効果を強めた感じのものが「桂枝茯苓丸」になります。

 

桃核承気湯の場合だと

桃仁・大黄・桂枝の相乗効果によって、気血の巡りがよくなりますので、

瘀血による、のぼせ・顔面紅潮や、イライラ・頭痛・不眠などの精神神経症状に対して使える方剤となっています。

(が、繰り返しますが下痢する場合は使えません。)

 

もう一つ、注意点として。

大黄もですが、桃仁もまた、妊娠中は基本的には避けた方がいい生薬です。

  関連コンテンツ

スポンサーリンク