便秘に使う漢方薬で気を付けたいこと。

大黄甘草湯をはじめとして、

腸の蠕動運動の働きを良くして便を排泄するため、

よく配合されている「大黄(だいおう)」のお話です。

 

 

アローゼンやプルゼニド(センノサイド)などもそうなのですが、

この大黄も、妊婦さんには原則禁忌となっています。

 

理由は、「大黄」の子宮収縮作用により、流早産をしていまう可能性があると考えられるからです。

「原則禁忌」というのは、どうしても使わないといけない理由があるという以外は、使うべきではないということです。

専門家の指示で適正に使用されていれば問題ないかもしれませんが、

大黄を含む漢方薬は

何かあったときのために、控えるにこしたことはないでしょう、といったところです。

 

また、

授乳中に大黄を含む漢方薬を(多量に)服用することによって、乳児が下痢をすることもあるとされ、

授乳中も常習的な使用は気をつけた方がいいと考えらます。

 

そしてまた

月経期間中も、基本的には服用をなるべく避けるか、もしくは少量ずつを慎重に使うべきだとされています。

 

※「大黄」を含む漢方薬は、漢方薬一覧のページの「大黄剤」をご覧ください。

 

  関連コンテンツ

スポンサーリンク