便秘に使う漢方薬として代表的なものは、次のようなものです。

大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)
調胃承気湯(ちょういじょうきとう)
小承気湯(しょうじょうきとう)
大承気湯(だいじょうきとう)
桃核承気湯(とうかくじょうきとう)
大黄牡丹皮湯(だいおうぼたんぴとう)
麻子仁丸(ましにんがん)
潤腸湯(じゅんちょうとう)
三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)

など、まだ他にも使える処方はあるとは思いますが、とりあえず。

 

 

上記の漢方薬にはすべてに「大黄」(だいおう)という生薬が含まれています。

下剤といえば大黄なのです。

大黄は、胃腸の中に熱があるタイプに使う薬です。

瀉下作用と清熱作用により、胃腸内の熱(炎症)を除きます。

便が硬く、体力があり、食欲があり、漢方的にはいわゆる中間証~実証の場合によく使います。

「麻子仁丸」や「潤腸湯」などは、高齢者や虚弱者でも使える処方になってはいますが、

基本的には、大黄を含む漢方薬を虚証(きょしょう)の方の便秘に使うときには、

作用が強すぎて、下痢や腹痛を起こすおそれがあることに注意しておく必要があります。

食欲がない、冷え症、便は軟らかいけどすっきりと出ない、というような方の便秘に大黄はあまり適しません。

大黄を含まない漢方薬でいえば、例えばですが、

人参湯(にんじんとう)
六君子湯(りっくんしとう)
桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう)
小建中湯(しょうけんちゅうとう)
など。

これらは虚証の便秘に使われることがあります。

 



おなかの調子を整えながら簡単ダイエット♪

  関連コンテンツ

スポンサーリンク