桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう)とは、

桂枝湯(けいしとう)と生薬の組成は同じで、

芍薬の量を倍増したものになります。

 

小建中湯(しょうけんちゅうとう)から膠飴を除いたものにも相当します。

 

構成生薬は

桂枝・芍薬・甘草・生姜・大棗となっています。

 

 

桂枝加芍薬湯は、脾虚の腹痛に対する処方です。

胃腸の働きが低下した人や、

冷えると腹痛や腹部膨満感の出やすい人の、

便通の乱れを改善するといったことに使えます。

芍薬と甘草とで「芍薬甘草湯」を含むことから、腹痛を伴う症状に有効です。

温めたり手で押さえると少しラクになる腹痛です。

 

最近では、過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん)のときに、まず使われる処方です。

(過敏性腸症候群について→goo ヘルスケア

 

桂枝加芍薬湯は下痢の場合でも用いられますが、

桂枝加芍薬湯の用いられる下痢の場合、

多くはやはり腹痛を伴い、しぶり腹といわれる症状があるのが特徴です。

しぶり腹とは、何度も便意をもよおすのに、

少量しか出ない、または便がでない、残便感があるような状態です。

 

便秘の傾向が強い場合は、

桂枝加芍薬湯に大黄を加えたもの、「桂枝加芍薬大黄湯」(けいしかしゃくやくだいおうとう)が適します。

便がきれぎれ・細い・すっきり出ないなどのときです。

  関連コンテンツ

スポンサーリンク