小承気湯(しょうじょうきとう):SJT

承気湯類のひとつです。

大柴胡湯に小柴胡湯、

大建中湯に小建中湯、

大青竜湯に小青竜湯があるように

大承気湯があればやはり小承気湯があります。

 

「大〇〇湯」という名前の漢方薬は作用が強そうなイメージではありますが、

決して「小〇〇湯」の作用が弱いわけではなくて、「大〇〇湯」に比べれば弱めだというくらいで、

「大〇〇湯」が実証向き、「小〇〇湯」は虚証向きとは限りませんので気をつけてください。

小承気湯に関しても、どちらかというと、虚実中等度(体力中くらい)、またはやや実証向きの漢方薬です。

 

小承気湯の医療用エキス製剤はありません。

ただし、大承気湯はもちろん、麻子仁丸(ましにんがん)は、この小承気湯がベースになっています。

 

 

小承気湯の出典

『傷寒論』(3世紀)

小承気湯の組成(構成する生薬)

  • 大黄(ダイオウ)
  • 枳実(キジツ)
  • 厚朴(コウボク)

※大黄の量に対して、厚朴と枳実の量を多くしたものを「厚朴三物湯」といいます(『金匱要略』)

なお、小承気湯に、芒硝を加えたものが「大承気湯」で、

小承気湯に、麻子仁・杏仁・芍薬を加えると「麻子仁丸」になります。

大承気湯の解説ページ

小承気湯の効能・適応症状

便秘、肥満体質の便秘、術後の便秘

腹満、過食後の嘔吐・下痢

食あたり、食中毒

  • 保険適応外の症状を含みます。
  • 上記の症状に応用が可能という意味であり、すべての症状が小承気湯で治せる、ということではありません。

小承気湯の作用のポイント

3つの生薬からならシンプルな構成の処方です。

大黄は瀉下薬。

ですが枳実と厚朴はともに理気剤です。つまり「気」の動きを改善させる薬がメインです。

よって、便秘薬として用いるというよりも、

お腹(胃や腸)に停滞している「気」があるので、それを動かして、大黄の瀉下に従い、下方向に出してあげる作用を期待しています。

お腹にものが溜まっている感じがする、お腹が詰まった感じがする、お腹が張った感じがする、というものを

便と一緒に出して、スッキリさせる薬となります。

張満が強いときは、厚朴の量が多い「厚朴三物湯」の方が適します。

小承気湯の副作用・注意点

基本的に長期に服用する薬ではありません。

便が出てお腹がスッキリすれば、中止します。

腹部膨満感や便秘のないときに服用すると、腹痛を起こすことがあります。

通常の慢性的な便秘に使うには、作用が強すぎる場合もありますので、注意してください。瀉下効果は便秘薬の中では服用後比較的早く(数時間くらいで)現れることがあります。

便秘やそれに伴う腹部の膨満に用いられる「承気湯類」ですが、瀉下薬として用いるときの作用の強さは一般に、調胃承気湯<小承気湯<大承気湯の順です。

(便が乾燥していて硬い、または口や舌が乾燥しているときには、芒硝を加えた大承気湯が用いられます。)

大黄や枳実が含まれますので妊娠中の服用は控えてください。

  • 用法用量や使用上の注意は、医師・薬剤師の指示、または添付文書の説明を守ってください。

 

漢方薬一覧ページに戻る

  関連コンテンツ

スポンサーリンク