漢方独特の「毒」という表現

漢方のはなしの中によく「毒」(どく)という言葉が使われますが、

使い方によって意味が異なりますので整理しておきます。

3つに分けられます。

 

 

①いわゆる「毒」

有毒物質、ポイズン、

生物の生命活動に害を及ぼす物質を総称してさす言葉です。

 

②病気の原因としての「毒」

体に必要不可欠なものも、過剰にありすぎると不調の原因になることがあり、

例えば、水分が体のどこかある場所に余分にたまっている状態を「水毒」とか、

食べすぎて体に余分な栄養がたまっている状態を「食毒」、などと表現します。

 

③ある特定部位の症状を指しての「毒」

・化膿を伴う炎症
・壊死性の炎症
・浸出液を伴う症状
・熱感のある腫れ

などは「熱毒」と表現されます。

わかりやすいものでは、「おでき」や「はれもの」をさして使われます。

肺結核などの症状にも使われるかもしれません。

中医学の教科書に出てくる、「癰」(よう)という字にあたります。( 肺癰、腸癰、乳癰など)

 

「黄連解毒湯」(おうれんげどくとう)や、「十味敗毒湯」(じゅうみはいどくとう)などの処方名に「毒」がみられますし、

のどの腫れに使われる「桔梗湯」(ききょうとう)や、蓄膿症に使われる「辛夷清肺湯」(しんいせいはいとう)なども、一般に「清熱解毒」の薬と言われるものです。

これら清熱解毒の薬とは

熱を冷ましたり消炎作用のある生薬や、

または、排膿の効果のある生薬(桔梗など)が配合された方剤のことをいいます。

 

  関連コンテンツ

スポンサーリンク