東洋医学では、体を構成する基本物質として、気・血・津液・精があり、

これらが人が生命活動を維持するための必要な要素だと考えています。

 

津液についてまとめますが、あまり難しいことではありません。

 

 

体内にある赤い液体を「血」(けつ)として、

それ以外の無色透明の液体を「津液」(しんえき)と呼びます。

体内のあらゆる(正常な)水液が「津液」と総称されます。

 

「血」は基本的には血管の中だけに存在しますが、

「津液」は全身の組織に分布しています。

体液はもちろん、胃液などの分泌物も津液に含みます。

汗、涙、鼻水、つば、よだれなども津液が体表面に出てきたものです。

血は、全身に栄養を運ぶ役割をして、

津液は、体を潤すはたらきをしています。関節の動きを良くしたりもします。

津液はただの水(H2O)ということではなくて、スポーツドリンクのように電解質やマグネシウム・カルシウムといったミネラル分を含んでいる物質です。

 

「津」が、サラサラとした流動性の高い水液、

「液」が、ドロッとした濃厚な流動性の低い水液を指しますが、

両者を区別しないときに「津液」と併称されます。

 

津液の原料は食べたものや飲んだものであり、

消化吸収された水分が全身にめぐります。

津液の産生から、全身への輸送、そして排泄までの過程には、

肺・脾・腎・胃・小腸・大腸・膀胱などが、関わりあっています。

 

勉強したい人のための 東洋医学のきほん

  関連コンテンツ

スポンサーリンク