薬味(やくみ)とは、生薬の味のことで、5つに分類されています。

辛(しん)・甘(かん)・酸(さん)・苦(く)・鹹(かん)

※鹹=塩からい

このほかに、

味が薄いものを淡(たん)

渋みのあるものを渋(じゅう)

ということもありますが、淡は「甘淡」というように甘と合わさったり

渋は酸とあまり区別されなかったりで、

通常は、味は「五味」で考えます。

五行論において五味を配置して、五臓との関連を持たせ、

理論的な解説には何かと「五味」の方が都合が良いようです。

 

 

五味からは、その生薬の薬効をおおまかに推測することができます。

辛 → (めぐらせる)発汗・理気の効能をもつ

甘 → (緩和する)緩和・滋補(補気・補血)の効能をもつ

酸 → (収斂させる)収斂・止血・止瀉の効能をもつ

苦 → (引き締める)清熱・鎮静・瀉下・燥湿の効能をもつ

鹹 → (潤す)軟堅・瀉下の効能をもつ

(痰 → 利水のものが多い)

という感じです。

 

ここで注意点がありまして・・・

本来、薬味というものは味覚によるものですが、

効能との関連性を持たせたいがために、

逆に効能に基づいて、薬味が決められた生薬もあります。

実際の味とは一致しない場合もあるということです。

効能から薬味が決定している代表的なものとして、

葛根の辛味、石膏の甘味などがあります。

 

☆ランキングに参加しています。良かったらお手数ですが応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ    漢方薬 ブログランキングへ    薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票

  関連コンテンツ

スポンサーリンク