瘀血(おけつ)とは

瘀血とは、血の流れが悪くなったり、

血が一か所に滞っている状態をいいます。

言い換えると、「停滞している血」をすべて瘀血といいます。

また、

瘀血(おけつ)によっておこる病態を血瘀(けつお)といいます。

 

瘀血(おけつ)を引き起こす原因

瘀血の状態をまず大きく2つに分けると、

1、血行がわるい

2、血管が損傷している

の2つです。

 

では、

1、血行がわるい

血行がわるい状態になる原因を整理すると、4つあります。

①気虚

エネルギー不足で血行を促進する力、血を押し動かす力がない状態です。

②気滞

気の流れがわるければ、血液の巡りがスムーズでなくなります。

③熱(血熱)

体内の熱が血に移ると、水分が消耗した状態になり、粘稠度が高くなり、流れがわるくなります。

④寒(血寒)

寒さによって血管が収縮するし、冷やされた血は凝集しやすいため、これもやはり流れがわるくなる原因になりえます。

 

次に

2、血管が損傷している

血管の損傷の原因を整理すると、主に3つです。

⑤各種の外傷または内傷

血管に傷がつき、漏れた血が、排出されずに、一か所に溜まります。

⑥気虚

血管の壁が弱く、血液が漏れ出しやすい状況をつくります。

⑦血熱

熱によって血液が乱流すれば、血行が非常に速くなり、細い血管を破り、出血を起こします。

 

このように、

瘀血の原因には、いくつかの可能性があるわけで、

例えば、

月経痛の原因にもいろいろとありますが、

それがもし瘀血だろう、ということだとしても、

その裏に、寒が原因(体質的には冷えなど)とかという可能性があるわけなので、

月経痛⇒瘀血⇒桂枝茯苓丸

というような単純な式だけでは、対処できないこともあるのです。

 

 

瘀血(おけつ)による痛みの特徴

以下に、瘀血による痛みの特徴を簡単にまとめておきます。

 

1、刺すような痛み

または、切られたような痛み。

刺痛(しつう)といいます。

 

2.あちこち痛む、とか、なんとなく痛む、とかではなく、

いつも同じところが痛み、

場所が移動することはありません。

同じ一定の痛さで、痛みます。

 

3.夜になると、痛みがひどくなる傾向があるといわれます。

 

4.痛いところを押したり、揉んだりすると、不快な感じがします。

押さえられるのを嫌がります。

これを据按(きょあん)といいます。

 

押さえてラクになる痛みは瘀血ではありません。

 

5.しこり、腫れ物ができている場合があります。

硬くて、押さえると痛く、

体表にある場合は、暗紫色がみえます。

 

  関連コンテンツ

スポンサーリンク