「腎」には、腎陽と腎陰あります。

腎陽は、陽気の根源であり、全身を温めています。

腎陰は、人体の陰液の根源であり、全身を潤しています。

 

 

陰と陽の関係性のひとつに、

「陰は物質」「陽は機能」という側面がありまして、

腎陰虚証の場合は、

腎の陰が不足していることであり、

生命活動に必要な「物質」が不足している状態と考えられます。

 

また、「陰」が不足した結果、

相対的に「陽」(陽気)が強まって、

虚火(虚熱)という熱の症状があらわれます。

 

腎陰は、生命活動を支える基礎的「物質」であるために、

「腎精」と同じ意味合いで使われることもあります。

 

腎陰虚証の主な症状は以下のようなものです。

 

膝や腰が痛い、だるい

めまい、耳鳴り

口やのどや舌が乾燥(夜間)

のぼせ、手の平や足の裏のほてり

不眠、多夢、寝汗

尿が濃い、便が乾燥してかたい

女性では、月経量少ない、または月経周期の延長

男性では、勃起しやすい、早漏

 

その他、

腎陰は、体全体の「陰」の根源なので

腎陰虚は、全身の「陰」の枯渇という側面をもち、

例えば、肺・心・肝など、他の臓の陰虚証を引き起こす原因になります。

(そこらへんの話はまたいずれ)

また、長期的な腎陰虚は、いずれ腎陽も弱まり

腎の陰陽両虚へと発展することがあります。

 

腎陰虚証に使う代表的な処方としては、

六味地黄丸(ろくみじおうがん)

知柏地黄丸(ちばくじおうがん)

左帰丸(さきがん)

などがあります。

  関連コンテンツ

スポンサーリンク