「腎」には、腎陽と腎陰あります。

腎陽は、陽気の根源であり、全身を温めています。

腎陰は、人体の陰液の根源であり、全身を潤しています。

と、理解してください。

 

腎陽は、生命活動の基本となり

からだの各臓器の機能を促進し、

エネルギー代謝や循環を行うことで

体温を維持・調節します。(温喣作用といいます)

(※「腎気」と同じ意味合いですが、温める作用を強調するときは腎陽と表現します)

 

 

腎陽が不足すると、

寒がり、

手足の冷え、

足腰のだるさ、

生殖の機能低下(インポテンス・不妊症)、

排尿異常

などがみられます。

 

腎陽虚のために脾の能力が低下すると、

消化不良、下痢(夜明け前の下痢)などが現れます。

 

腎機能の低下があれば、

水液代謝の異常から浮腫が起こることもあります。(陽虚水泛)

この浮腫は特に下半身にみられ、

指で押さえるとなかなか陥没が元にもどらない浮腫です。

 

腎陽虚証に使う代表的な処方としては、

八味地黄丸(はちみじおうがん)や、

 

浮腫(陽虚水泛)を伴うときには、

真武湯(しんぶとう)

牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)など

があります。

 

  関連コンテンツ

スポンサーリンク