漢方薬に配合されている生薬には5つの味の分類があります。

酸味、辛味、甘味、苦味、鹹味(しおからい)です。

これらは、口に入れたときに舌で感じる味、ということ以外に、

その生薬の特性をおおまかに表しています。

服用したときの人体への反応を、味に当てはめていることもあり

一般論としてですが生薬の効能をある程度推測できます。

 

 

例えば、苦味

良薬は口に苦しと言いますが、漢方薬にも苦味の作用は欠かせません。

苦い味の特性は、「降」・「瀉」「燥」・「堅」という言葉で表現されます。

 

「降」と「瀉」は、まとめて「泄」ということもあります。

いずれにしてもベクトルの方向は下向きに働いています。

「泄」を、降泄・通泄・清泄と分けてみることもできます。

「降泄」は、気を下へ向かわせる

「通泄」は、余分なものを瀉する(除く)

「清泄」は、熱を鎮める、冷やすという効果です。

杏仁(キョウニン)は気を降ろして咳を止めます。

大黄(ダイオウ)は、熱を瀉しながら、排便を促進します。

 

「燥」は、乾燥させる。

湿邪を除くという効果を指します。

蒼朮(ソウジュツ)は水毒を除く要薬と言われています。

黄連(オウレン)は湿を乾燥させるし、熱も鎮めます。

 

「堅」は、堅(かた)くする。

イメージしにくいですが、引き締める、引き締めて鎮静するような効果です。

「堅くする」作用の反対の言葉を「萎える」(なえる)で考えるといいかもしれません。

成長や生殖の機能をつかさどる臓腑としての「腎」が、

萎えることで、コントロールを失った状態で、

足腰が弱い(長時間立っていられない)、ED(勃起不全)

早漏、遺精(夢精)、ほてって寝汗が多い、など

腎陰虚による虚熱の症状です。

腎陰虚証の程度が重いときに用いる「知柏地黄丸」は、六味丸に「知母」(チモ)と「黄柏」(オウバク)を加えたものです。

知母・黄柏はともに体内の熱を冷ますと同時に、一緒に配合することで腎陰を補助する作用を備えます。(虚熱を冷まします。)

黄柏の苦みは、寒性なので、陰を傷めずに湿や熱を除くことができます。これが、陰を堅めるということです。

「清熱」と「燥」なので、つまり、熱を冷やして乾燥させれば、引き締まって堅くなります。

これにより陰精がむだに漏れないようになります。

 

もうひとつ、苦味健胃薬というのもありますが、

少量の適度な苦みというのは、

唾液が分泌されたり、胃腸の働きが促進されたりして、食欲が増します。

ビールやゴーヤ、山菜など若いころ嫌いだった苦い味が、年とともに好むようになってきたら、

胃腸が弱り始めているのかもしれません。

しかし、胃が冷えやすい人、胃が冷えて下痢しやすい人は、

上記の「瀉」などの特性を踏まえると、苦みの多食は控えなければいけません。

 

  関連コンテンツ

スポンサーリンク