漢方薬に配合されている生薬には5つの味の分類があります。

酸味、辛味、甘味、苦味、鹹味(しおからい)です。

これらは、口に入れたときに舌で感じる味、ということ以外に、

その生薬の特性をおおまかに表現しています。

 

 

例えば、辛味

辛い味の特性は、「散」「行」という言葉で表現されます。

 

「散」は、散らす。発散する。散寒など。

薄荷(ハッカ)や荊芥(ケイガイ)などは体表の邪を散らして除く働きをします。

例えば発汗作用を持つものが相当します。

辛味の代表的な生姜(ショウキョウ)は、散寒解表の効能があります。

寒気を伴うカゼの初期に使うと、発汗を助けます。

 

「行」は、気や血のめぐりを良くする働きを指します。

「四物湯」(しもつとう)に含まれる辛味の川芎(センキュウ)の効能は活血と行気です。

その他、行気の薬として陳皮(チンピ)、木香(モッコウ)

活血の薬として紅花(コウカ)なども辛味になります。

 

「散」「行」の働きの延長として、さらに

陽気の働きが悪いために、津液の偏在が起こり、

冷えとともに、あるところで浮腫み、あるところで乾燥している

というような状態を改善することも辛味の特性に含めることがあります。

肉桂附子などの辛温の薬の働きです。

 

もし、「冷え」と「臓腑の機能的な低下」がある場合、

辛味に、甘味の生薬を合わせ、

陽気の働きを促進するという方法がとられます。

「桂枝湯」(けいしとう)にあるような、辛味の「桂枝」と甘味の「甘草」の配合を

「辛甘化陽」といい、

相乗効果を期待している代表的な組み合わせです。

 

辛味と言っても、すべてがトウガラシみたいにピリッとする味ということではありません。

あくまでも特性を分類するうえでの一般論のお話です。

 

→コラム[漢方薬剤師が解説!生姜や大根おろし、唐辛子…「薬味」の効果効能]

 

  関連コンテンツ

スポンサーリンク