生薬の五味

漢方薬に配合されている生薬の味は、(または薬膳においてもそうですが、)だいたい5つの味に割り振られています。

酸味、辛味、甘味、苦味、鹹味(しおからい)です。

これらは、口に入れたときに舌で感じる味、ということ以外に、

その生薬の特性をおおまかに表します。

 

例えば、酸味。(渋味も酸味に含めます。)

その生薬にもし収斂作用があった場合、その生薬の味は酸味となります。

収斂とは、気や陰液が体から余計に漏れ出ていかないようにする働きです。

梅干しやレモンを口に入れてスッパイと感じた時の口の形が、収斂されてすぼまっていることでしょう。

全てがそうということではありませんが、

収斂作用を使って、汗をとめる、下痢をとめる、血をとめる、帯下(おりもの)をとめる、といった方剤があれば、

酸味のある生薬が使われていることが多くなります。

 

酸味の特徴

実際に酸味のある生薬で、五味子(ゴミシ)には、収斂作用があります。

(五味子の名前の由来は、5つの味を備えているということですが、その中で酸味が最も強いです。)

五味子のその収斂の働きは、

例えば止汗作用を期待しての「清暑益気湯」(せいしょえっきとう)や

止咳作用を期待しての「小青竜湯」(しょうせいりゅうとう)

などに応用されています。

 

 

酸味のもう一つの特徴は、気の消耗を防ぎ、緊張を和らげる作用です。

酸棗仁(サンソウニン)は、中枢神経を抑制し、鎮静作用・催眠作用をもちます。

「酸棗仁湯」(さんそうにんとう)や、「帰脾湯」(きひとう)に応用されます。

(やはり酸棗仁にも止汗作用があります。)

 

緊張を和らげるという作用は、「緩」と表現されることもあります。

緩和作用といえば「甘味」の特徴でありますが、

酸味を合わせると、緩和の働きが強まります。

酸味の代表的な生薬として芍薬(しゃくやく)

甘味の代表的な生薬として甘草(かんぞう)

その二つを合わせた「芍薬甘草湯」(しゃかうやくかんぞうとう)は、

こむら返りの薬として有名ですが、

急に起こる筋肉の激しいけいれんを「緩和」します。

 

「桂枝湯」や「葛根湯」などでは、芍薬と甘草が含まれているので

陰液が過剰に損なわれないように、発汗作用が「緩和」されています。

酸味と甘味を使って陰(潤い)を保つ方法を「酸甘化陰」といいます。

解熱のために強く発汗させたい「麻黄湯」には収斂して止汗する芍薬は入れません。

  関連コンテンツ

スポンサーリンク