漢方薬に配合されている生薬には5つの味の分類があります。

酸味、辛味、甘味、苦味、鹹味(しおからい)です。

これらは、口に入れたときに舌で感じる味、ということ以外に、

その生薬の特性をおおまかに表しています。

もう一つ、淡味という味あります。

茯苓や滑石、薏苡仁などが代表的な淡味の生薬です。

主に利水作用を持つものが多くなっています。

しかし淡味は、無味ではないものの、著しいはっきりした味とは言えないためか、五味には含まれていません。

 

 

また、東洋医学の基礎的な教科書などでは、

五行において、五味と五臓に関係を持たせて書かれている場合があります。

酸→肝
苦→心
甘→脾
辛→肺
鹹→腎

これは親和性ということで、まずその臓に入るといわれる一般的な法則でありますが、

決して、その臓器だけに作用する、ということではありません。

 

さて、前置きが長くなりましたが

酸味、辛味、甘味、苦味については書いてきましたので、

今回は残りの鹹味(かんみ)

 

しおからい味の特性は、「軟堅」「散結」・「潤下」という言葉で表現されます。

堅いものを軟らかくする作用

腫瘍のような腫れ物、しこりをほぐす作用

浸透圧によって潤して下す作用

というようなものです。

野菜を塩揉みするとやわらかくなる、というイメージ。

芒硝(ボウショウ)は塩類下剤とも言われるように

便を軟らかくするので、便秘の方剤によく配合されますし(潤下)、

お腹が硬く張っているときにも用いられます(軟堅)。

牡蛎(ボレイ)は頸部リンパ節腫や、しこり等に対しての薬効をもつといわれています(散結)。

  関連コンテンツ

スポンサーリンク