外から、悪い邪気が体に侵入してきた際に、対処する方法としていくつかあります。

例えば、桂枝湯や葛根湯、麻黄湯などは、汗法といって、汗をかくことで体表の邪気を追い出します。

それから、今ではほとんど使われませんが、胃の中に悪いものがあれば、吐かせるという方法があります。

そして、腸に悪いものがれば、あえて下痢をさせて出してしまう、という方法があります。

 

「小柴胡湯」(しょうさいことう)は、どれとも違います。

和法(または和解法)という治療法です。

汗をかかせない、吐かせない、下痢をさせない方法です。

 

 

邪気が体の内部に少し侵入してきたとき、

むりやり邪気を追い出すのではなく、和解する手段をとり、

できるだけ最小限の被害だけで済むように調整し、悪いものに出て行ってもらう作戦です。

つまりは臓器の機能のバランスを調整していく処方構成になっています。

調和をとる意味の和法です。

その和法で使うもっとも基本となる処方が、小柴胡湯であります。

 

小柴胡湯の「構成生薬の解説」はこちら

小柴胡湯の「往来寒熱」についてはこちら

  関連コンテンツ

スポンサーリンク