「小柴胡湯」(しょうさいことう)は、風寒(ふうかん)の邪気が、体表から少し体の内部にまで侵入したときに使います。

このとき現れる症状は、、、

・悪寒と発熱をくりかえす(往来寒熱)
・または午後や夕方になると熱が上がってくる
・胸のあたりが苦しい
・喉が渇き、口が苦い
・悪心、吐き気があり、食欲がおちてくる

といった状態です。

『傷寒論』では少陽病の特徴です。

 

 

最も重要なのは、邪気と正気に闘いが起こり、熱が体表にあったり内部にあったりするために、悪寒を現したり発熱を現したり、これが交互に相乱れる状態であること。

(発熱と悪寒が同時であれば、邪気は体表にあります。)

体の抵抗力があると発熱→抵抗力が消耗すると発熱がなくなる→邪気により陽気の巡りが悪く、発熱がなくなれば悪寒→抵抗力が回復すると再び発熱→これを繰り返す。という具合です。

この熱の状態を半表半裏(はんぴょうはんり)の熱といいますが、この状態であることさえ見極められれば、(その他の症状すべてが当てはまらなくても)小柴胡湯が使える状態です。

 

補足として

胸や脇のあたりが痛くなるのは、

邪気が少陽経の経絡に侵入して、経絡の流れを阻害しているから、と考えられています。

「胸脇苦満」と表現し、柴胡剤を使う目安になります。

また経絡の流れが悪いと、上半身に水が巡らず、口が渇くことになります。

さらに少陽経は胆を通るため、胆汁が熱とともに上がってきて、口が苦くなります。

胆の熱は、そばにある胃に影響して、胃の働きが悪くなるため悪心、吐き気、食欲不振が起こります。

 


 

小柴胡湯の「和法」についてはこちら

小柴胡湯の「構成生薬の解説」はこちら

  関連コンテンツ

スポンサーリンク