「小柴胡湯」(しょうさいことう)を構成生薬からみます。

構成生薬は、柴胡・黄芩・人参・半夏・生姜・甘草・大棗です。

 

炎症性の疾患に用いることができる「小柴胡湯」ですが、

柴胡と黄芩が、熱を冷まし炎症を抑える生薬として配合されています。

 

大棗、生姜で胃腸を温め、胃腸機能を改善し、食欲不振を治します。

さらに人参が少し加わり体力を補います。

半夏は胸の痞えをおろしたり、生姜とともに吐き気を抑えます。

また半夏は痰や咳をとる作用があります。炎症のある状態で温性の半夏を使っていますが、この場合、温熱性は黄芩の寒涼性で抑えられているようです。

発熱により、体力がおちて、胃腸も弱ってきたときに適する内容になっています。

 

 

注意点と補足

・よく小柴胡湯の副作用の問題が取り上げられますが、カゼのときに短期間だけ使用するのであればそれほど心配はいりません。

・しかし処方としては、乾かす作用があるため、特に高齢者に長期に使う場合は証の見極めは必要です。(陰虚、血虚には用いられません。)

・稀に黄芩でアレルギー反応を起こすことがあります。

・小柴胡湯は適応範囲が広く、他の方剤と併用することも多いですが、その時は、甘草の重複による副作用に注意が必要です。

 

・のどの炎症があり腫れて痛むときには、桔梗と石膏を加えた、「小柴胡湯加桔梗石膏」(しょうさいことうかききょうせっこう)が使われます。

 

小柴胡湯の「往来寒熱」についてはこちら

小柴胡湯の「和法」についてはこちら

  関連コンテンツ

スポンサーリンク