桂枝湯(けいしとう)は最も基本となる漢方薬

中国の後漢、西暦200年頃から伝えられている『傷寒雑病論(しょうかんざつびょうろん)』

(→のちに『傷寒論(しょうかんろん)』と『金匱要略(きんきようりゃく)』の2部になる)

という医学書があり、

その『傷寒論(しょうかんろん)』の傷寒(急性の熱性の病、伝染病)について書かれた中で、

いちばん最初に登場する方剤が「桂枝湯」(けいしとう)であり、

桂枝湯から発展させた処方は数多く、

急性の熱性症状に使う処方の、もっとも基本となる処方です。

「桂枝湯」単独では、効き目はマイルドです。

 

感染症の初期にみられるゾクゾクとした悪寒や頭痛などは、

風寒(ふうかん)の邪が、体表を侵したときの症状と考えています。

このときは、身体を温め発汗させることで病邪を除去する、という中医学的な理論があります。

 

傷寒論を読もう [ 高山宏世 ]

 

桂枝湯を選択する症状

カゼの初期に、

  • 頭痛
  • 悪風(風にあたったり服を脱いだ時に寒気;軽度の悪寒)
  • 発熱と悪寒が(同時に)あり
  • すでにじっとり汗が出ていて
  • 鼻で呼吸すると音が鳴ったり、鼻声、または鼻がグズグズし
  • からえずきをする

このようなときには、桂枝湯を使って治す、ということが傷寒論に書かれています。

そして、発汗作用は弱いので、「熱い粥をすすり、布団をかぶって発汗させろ」というただし書きがついています。

 

悪寒や発熱があっても、口渇やのどの痛みがあれば、桂枝湯は使いません。

カゼの初期で、悪寒・発熱があり、自然発汗があるときの処方です。

 

 

大事なポイント、「汗」について詳しく

すでに汗がある初期のカゼ、というのが、桂枝湯を選択する大事なポイントとされています。

この「汗」とは、

だらだらと流れ出ている汗ではなく、皮膚がわずかに湿っている状態です。

額や背中を手で触れてみて、それでじっとりと汗が出ているのが分かるという状態です。

この時は、体を温め、適度に発汗させ、解熱に向かわせ治療します。

が、過度の発汗は避ける必要があります。

構成生薬のうち、

桂枝・大棗・生姜はどれも体を温めますが、それほど強い発汗作用はありません。

甘草・芍薬は、逆に発汗のし過ぎを防ぐ働きをしています。

 

全身に穏やかにしっとりと汗をかかせるため、

桂枝湯を服用する際は、

(薬の働きを助けるように、)「衣服で身体を温かく覆い、お粥などをすすって」、

と原典では指示されています。それは、お粥を食べて、消耗した体力と水分を補うためでもあります。

 

そして、汗が出はじめたら、桂枝湯の効果が出たと考え、以後の服用は中止します。

 

「桂枝湯」が効く理由

桂枝湯に含まれる生薬の構成から、桂枝湯の効果をまとめ、その素晴らしさを理解しようと思います。

桂枝湯の構成生薬は、桂枝・芍薬・大棗・甘草・生姜です。

風寒(ふうかん)の邪気(じゃき)による症状に使います。

悪寒・発熱・頭痛・自然発汗・からえずきなどの症状に対しての効果です。

 

桂枝:

  • 弱い穏やかな発汗作用により、熱を下げます
  • 体表の寒邪を温め、経脈の流れを開通し、痛みをとります

 

芍薬:

  • 血液の栄養分を補います
  • 桂枝の発汗のし過ぎを防ぎます

 

生姜:

  • 吐き気(からえずき)を抑えます
  • 桂枝の温める作用を助けます

 

大棗:

  • 芍薬の作用を強めます
  • 生姜と協力し、消化器機能を整えます

 

甘草:

  • 構成生薬の作用を調和させます

 

体表を覆い、汗が出る穴を閉じたり開いたりして体温調節している機能(気)を「衛気」といいます。

風寒の邪によって衛気が弱まっているために、自然と汗が出てしまっている状態(自汗)にあります。

 

また、血液中に存在し、栄養分を全身に補給している機能をもつもの(気)を「営気」といいます。

汗が出ることで、この場合血液もひっくるめて、営気(営血)が損なわれます。

 

このとき

桂枝と甘草の組み合わせにより、衛気を助けます。

芍薬と甘草の組み合わせにより、営気を補います。

 

桂枝と芍薬の配合は、

桂枝で温め(陽)、芍薬で潤す(陰)わけで、陰と陽を共に補う組み合わせです。

衛気は陽(衛陽)であり、営気は陰(営陰)に属します。

甘草もそこに組み合わせることで、営衛が調和され、それぞの機能が発揮されます。

これらの作用により風寒の邪による症状がうまく改善へと向かいます。

 

コラムへ⇒風邪(カゼ)に効果的な漢方薬3種!特徴と使い方

 

  関連コンテンツ

スポンサーリンク