「白虎湯」や「白虎加人参湯」の白虎とは

白虎は古代中国の神話によれば東西南北のうち、西の守り神です。

南の朱雀(すざく)、北の玄武(げんぶ)、東の青竜(せいりゅう)、そして西が白虎(びゃっこ)です。

五行論では

東⇒青竜・青・春
西⇒白虎・白・秋
南⇒朱雀・赤・夏
北⇒玄武・黒・冬

という関係になっております。

白虎は、季節でいうとの神になります。

涼しい風が吹かせて、激しい夏の暑さを終わらせると言われます。

というところで、

「白虎湯」や「白虎加人参湯」は、

白虎の力のように、体の内部(肺や胃)に入り込んだ熱を冷やす力があり、

発熱・口渇・ほてりなどに対して使われ、

その名前に「白虎」が使われています。

多量に配合されている「石膏」の色が白いという点でも、白虎の白と重ねられています。

 

 

「白虎加人参湯」(びゃっこかにんじんとう)

「白虎加人参湯」は、「白虎湯」(びゃっことう)に人参(ニンジン)を加えたものです。

 

構成生薬は

白虎湯が、石膏・知母・粳米・甘草で、それに+人参です。

白虎湯には、「石膏知母湯」という別称があります。

石膏・知母による清熱(瀉火)の代表的な処方です。

石膏・知母の組み合わせは、

「消風散」(しょうふうさん)や、「辛夷清肺湯」(しんいせいはいとう)などにもみられます。

 

石膏・知母の清熱の特徴は、

熱を冷まし、消炎・解熱するだけではなく、

津液を生む(生津)作用と、止渇の効果です。

(発汗による解熱ではなくて、石膏の場合、汗は止まります。)

粳米・甘草も、胃から津液を生じるのを助けます。

 

白虎湯の生薬はすべて

体内の水分を保持し、潤し口渇を止めるもので構成されています。

人参は、熱による体力の消耗(疲労感)を改善し、これもまた陰(津液)を補うために加えられています。

 

『傷寒論』における白虎加人参湯

カゼの初期で、悪寒・発熱・無汗のとき、葛根湯や麻黄湯を使うべき時に、白虎加人参湯を使ってはいけません。

例えば、桂枝湯を服用して大量に汗が出てしまったときや、

カゼの初期の段階でうまく治療ができず、1週間くらい高熱が続いたことで、

のどが渇いて大量に水を飲みたがるときに「白虎加人参湯」を使う、と書かれています。

ただし、1週間も高熱が続いて脱水症状が心配になるくらいのときは、

通常なら病院へ行って、抗生剤を投与され、必要に応じて点滴などを受けた方が確実でしょうから

傷寒論的な「白虎加人参湯」の使われ方は今はあまりされていないと思います。

むしろ、熱中症・日射病のときの方が出番があります。

 

白虎加人参湯を使える症状

身体の熱感と汗があり、

疲労感・脱力感が出て、

ほてり、顔面紅潮し、

炎症と発汗による脱水の恐れがあり、

冷たい飲み物を欲しがるような激しい渇きがあるとき、

で、たくさん水分をとるので尿もよく出る(けど下痢はしない)、

というときに適します。

白虎湯は、「高熱」「全身からの発汗」「口の渇き」(と、「脈が洪大」)のときに使うのが基本とされていて、白虎加人参湯もまた同様です。

熱→そして大量の汗で→津液を消耗するための口渇、です。

熱中症のような状態もそうです。

 

【第2類医薬品】サンワ白虎加人参湯エキス細粒「分包」三和生薬90

 

白虎加人参湯の口渇への使用

しかし、熱、大量の汗、ということでなくても、

ほてり感と、口渇があれば、「白虎加人参湯」が使われることがあります。

舌の色が赤く、乾燥していて舌苔が無いことが目安になります。

例えば、抗コリン作用のある薬剤の副作用としての口渇、

口腔内への放射線照射後の口渇、

シェーグレン症候群など。


糖尿病の症状としての口渇にも使えるように書かれていることもありますが、
現在は様々な血糖降下薬があります。
糖尿病であるなら「白虎加人参湯」で口渇を和らげることよりも、
血糖降下薬で血糖値の管理をすることが先決です。

 

その他、

更年期症状のほてり、

乾燥性の熱感のある皮膚炎(アトピー性皮膚炎)

などにも応用されています。

 

⇒コラムラテ東洋医学から考える夏バテの原因&予防法。夏の体調不良に効果的な漢方薬6選

⇒コラムラテスイカ(西瓜)の冷やし過ぎはNG!すいかの健康効果・効能と食べ方

  関連コンテンツ

スポンサーリンク